『キンキーブーツ』小池徹平とドラァグクイーン姿になった城田優の2ショット公開

2022年10月1日(土)より上演されるブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』。そのビジュアルが公開され、3年ぶりにチャーリー役に扮した小池徹平と、ドラァグクイーン・ローラ役の城田優の2ショットがお披露目となった。

『キンキーブーツ(Kinky Boots)』は、同名のイギリス映画(2005年公開)をミュージカル化したもの。2013年にトニー賞で最多となる13部門にノミネートされ、作品賞、主演男優賞(ビリー・ポーター:ローラ役)、オリジナル楽曲賞(シンディ・ローパー)、振付賞(ジェリー・ミッチェル)、編曲賞、衣裳デザイン賞の6部門を受賞した。

経営不振に陥った老舗の靴工場の跡取り息子チャーリーがドラァグクイーンのローラに出会い、差別や偏見を捨て、ドラァグクイーン専門のブーツ工場として再生する過程が、シンディ・ローパーのパワフルで最高に魅力的な書き下ろしの楽曲と共に描かれる。この夏、オフブロードウェイでの上演も決定した。

日本では、2016年に初演、2019年に再演され、チケットは全公演即日ソールドアウト。連日の大盛況で、スタンディングオべーションのとなった。初演からチャーリー役を担う小池のほか、靴工場で働く従業員のローレン役のソニン、チャーリーのフィアンセ・ニコラ役の玉置成実、靴工場の現場主任ドン役の勝矢が、工場長ジョージ役のひのあらたらが続投。新たにドラァグクイーンのローラ役にとなったと城田と共に、ハッピーでパワフルなステージを作り上げる。