ユナク、堂珍嘉邦ストレートプレイ初挑戦!『殺人の告白』レポート

2022年6月17日(金)に東京・サンシャイン劇場にて『殺人の告白』が開幕した。本作は、実際に起きた韓国史上最悪の連続殺人事件をモチーフにしたサスペンス映画『殺人の告白』(2012年)を初舞台化したもの。主演は韓国の男性ダンスヴォーカルグループ「SUPERNOVA(超新星)」のリーダー・ユナク、そして連続殺人犯を追う刑事役は「CEMISTRY」の堂珍嘉邦が演じる。

ユナク、堂珍嘉邦ストレートプレイ初挑戦!『殺人の告白』レポート

ユナクと堂珍はミュージカル『RENT』(2015年/2017年)でロジャー役をWキャストで演じており、今回が待望の共演。また、2人はストレートプレイに初めて挑む。本記事では、公開ゲネプロから作品をレポートする。

【レポート】実際に起きた連続殺人事件をモチーフにした映画を初舞台化

15年前、韓国を震撼させる連続殺人事件が起きた。その連続殺人事件の被害者には刑事チェ・ヒョング(堂珍)の婚約者チョン・スヨン(岡田夢以)も含まれていた。ヒョングは事件を追っている最中に犯人と対峙し口元に大きな傷をおってしまう。

ユナク、堂珍嘉邦ストレートプレイ初挑戦!『殺人の告白』レポート

連続殺人事件が時効を迎えた直後、自分が犯人だと名乗り出る男イ・ドゥソク(ユナク)が現れる。その後、彼は時効成立後のため無罪となり自分の犯した殺人について詳細に記した本を出版。その衝撃的な内容と美しいルックスでその人気は過熱する。当時の刑事であるヒョングを出版記者会見で名指して挑発し熱狂の渦に巻き込んでいく。

ユナク、堂珍嘉邦ストレートプレイ初挑戦!『殺人の告白』レポート

ドゥソクの人気に怒りを抑えられないのはヒョングの婚約者スヨンの父親チョン・ウヌ(岡田浩暉)ら連続殺人事件被害者の遺族たちである。彼らは復讐のためドゥソクを連れ去る計画を練っていく。