星たちの便りが伝えるものとは ミュージカル『シデレウス』レポート【財木琢磨×少年T×富田麻帆 ver.】

2022年6月30日(木)まで、東京・自由劇場にてミュージカル『シデレウス』が上演されている。本作は、2019年4月に韓国で初演を迎えた3人芝居ミュージカル。今回は、クワトロキャストによる回替わり上演となっており、本記事では、ゲネプロに出演したチーム・カシオペアの財木琢磨、少年T、富田麻帆の公演の模様をレポートする。

星たちの便りが伝えるものとは ミュージカル『シデレウス』レポート【財木琢磨×少年T×富田麻帆 ver.】

約2年をかけて制作された本ミュージカルは、評論家や観客から好評を博し、2020年8月の再演、同年10月に2か月に渡る延長公演、そして2022年7月26日から10月16日には韓国で再び上演が決定しており、8月には中国人キャストによる上海公演が予定されているなど、アジア全域で話題となっている。時代の壁に遮られ言えなかった真実を命をかけて研究した2人の学者ガリレオとケプラー、そしてガリレオの娘で修道女マリア、3人の物語を3人芝居で描く。

星たちの便りが伝えるものとは ミュージカル『シデレウス』レポート【財木琢磨×少年T×富田麻帆 ver.】

クワトロキャストは、それぞれ星座の名前が付けられた4組に振り分けられており、それぞれ4公演ずつ出演する。出演は<オリオン>のガリレオ役に石井一彰、ケプラー役に小野塚勇人(劇団EXILE)、マリア役に石川由依。<ペガスス>のガリレオ役に鮎川太陽、ケプラー役に神永圭佑、マリア役に七木奏音、<ペルセウス>のガリレオ役に井澤勇貴、ケプラー役に吉田広大、マリア役に礒部花凜。そして、<カシオペア>のガリレオ役は財木、ケプラー役は少年T、マリア役は富田麻帆という配役になっている。