みんな憧れる「シンデレラ」は本当に幸せか。ガールたちの個性豊かな生き様を描く『脳漿炸裂ガール2~俗物奇行~Anarchy in the Journey』ゲネプロレポート

みんな憧れる「シンデレラ」は本当に幸せか。ガールたちの個性豊かな生き様を描く『脳漿炸裂ガール2~俗物奇行~Anarchy in the Journey』ゲネプロレポート

そういうことなのだろう、と思う。
パンフレットの冒頭、脚本の川尻恵太氏〈SUGARBOY〉はこう綴っている。

「この世界ではそれぞれに●●ガールというIDがついていて、そのIDは個人の持っている思想や性格が反映されています。~中略~そんな彼女たちが目指すのが、シンデレラという称号です。 シンデレラになれば、様々な特権が与えられ、人々から羨望の眼差しで見られ、将来的な成功が約束されます。~中略~さて、ここで皆様に質問です。 シンデレラは本当に幸せなのでしょうか?」

その問いへのひとつの答え。それが、序盤でまさにアナーキージャーニーな顔を見せ、後半にかけて笑顔に移り行く天音みほの表情。八坂沙織の渾身の涙、そしてそれぞれ思うままに生きるガールたちの姿に込められている気がした。

みんな憧れる「シンデレラ」は本当に幸せか。ガールたちの個性豊かな生き様を描く『脳漿炸裂ガール2~俗物奇行~Anarchy in the Journey』ゲネプロレポート

『脳漿炸裂ガール2~俗物奇行~Anarchy in the Journey』ゲネプロレポート

舞台『脳漿炸裂ガール2~俗物奇行~Anarchy in the Journey』が2021年6月2日(水)に東京・六行会ホールで開幕した。脳漿炸裂ガール2は、2019年に初演を行い、大盛況だった舞台『脳漿炸裂ガール-人間動物園-』の続編。 れるりりのボカロ向け楽曲をストーリー化したもので、複数のガールたちが次期「シンデレラ」争いを、それぞれの目的を持って戦う学園ドラマだ。SHINAGAWAKUというWEB空間を舞台にしていた前回に対し、今回はNAMBATOKKUというWEB空間が舞台となる。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク