大竹しのぶ、大倉忠義、杉野遥亮、池田成志らが挑む家族の愛憎劇『夜への長い旅路』開幕

大竹しのぶ、大倉忠義、杉野遥亮、池田成志らが挑む家族の愛憎劇『夜への長い旅路』開幕

2021年6月7日(月)に東京・Bunkamuraシアターコクーンにて、COCOON PRODUCTION 2021 DISCOVER WORLD THEATRE vol.10『夜への長い旅路』が開幕した。本作は、英国気鋭の演出家フィリップ・ブリーンの指揮のもと、大竹しのぶ、4年ぶりの舞台出演となる大倉忠義、初舞台の杉野遥亮池田成志らが家族の“愛憎劇”に挑む。

『夜への長い旅路』は、ノーベル文学賞受賞、ピュリッツァー賞4回受賞など経歴を持ち、“アメリカ近代劇の父”と称される劇作家ユージン・オニールの遺作。戯曲冒頭には「血と涙で綴られた、古い悲しみの劇」と記され、悲劇的な家族の歴史を人間の真実を突く普遍のドラマに昇華させ、自らの人生に“赦し”を与えたオニールの自伝劇と言われている。

演出を手掛けたブリーンは、シアターコクーンでの舞台作りはこれが4作目。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、イギリスより来日することは叶わなかったが、稽古は英国をリモートで繋いで実施された。

大竹しのぶ、大倉忠義、杉野遥亮、池田成志らが挑む家族の愛憎劇『夜への長い旅路』開幕

描かれる時代は1912年。夏のある日の朝、アイルランド系移民の俳優ジェイムズ・タイロン(池田)の別荘の居間で、家族が朝食後の団欒を楽しんでいるところから始まる。しかし、その会話から徐々に明らかになるのは、彼らの実像、家族を覆う暗い陰。

父ジェイムズ(池田)は金銭に対する異常な執着の持ち主で、母メアリー(大竹)は麻薬の常習者で精神が不安定、長男ジェイミー(大倉)は父親の脛かじりで酒と女にだらしない放蕩息子で、次男エドマンド(杉野)は肺を病んでいる。メアリーは昔、幼い息子ユージンを亡くしたことで罪の意識にさいなまれていた。


あわせて読みたい

大竹しのぶのプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大竹しのぶ」に関する記事

「大竹しのぶ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大竹しのぶ」の記事

次に読みたい「大竹しのぶ」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年6月7日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 大竹しのぶ Instagram
  2. 大竹しのぶ 服部晴治
  3. 大竹しのぶ 野田秀樹

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク