TXT vol.2『ID』萩谷慧悟×高橋悠也インタビュー「作中における感情の実験が役者を実験するメタファーに」

TXT vol.2『ID』萩谷慧悟×高橋悠也インタビュー「作中における感情の実験が役者を実験するメタファーに」

2021年6月17日(木)より上演する高橋悠也×東映シアタープロジェクトTXT vol.2『ID』。仮面ライダーシリーズの『仮面ライダーゼロワン』『仮面ライダーエグゼイド』でメインライターを務めた高橋悠也と東映が手を組み、新たなコラボレーション作品を生み出していくプロジェクトの第2弾となる本作では、『ID』をキーワードに高橋が改めて“生きること”を問う。

8名キャスト×二役によって、「委員会」と呼ばれる開発(デザイン)する者と、人間に備わる8つの感情をIDとして与えられた「アバター」と呼ばれる開発(デザイン)される者を演じ分ける本作。今回は、高橋と、図書委員とアバターの二役を演じる萩谷慧悟(7ORDER)に本作の魅力や見どころ、演じる役柄などについて語ってもらった。

※ライブ配あり、詳細は公演特設サイトにて

(取材・文・撮影/櫻井宏充)

TXT vol.2『ID』萩谷慧悟×高橋悠也インタビュー「作中における感情の実験が役者を実験するメタファーに」

役者同士の戦いではなく、共同作業で作っていかなければいけないところが作品的におもしろい部分

――まず、皆さんが初めて本読みをされた時に感じた手応えなどを教えてください。

高橋:TXT vol.1『SLANG』の時、本読みの段階で感じた「観客に伝わるかどうか心配だな」という思いを、稽古をする中でできるだけ解消しながら育て上げていったという経緯があったんです。今回、作品自体がやや難解で、解釈の難しいものを作ったという自覚もあったんですけど、自分で作っておきながらさらに自分で首を絞めるという感じで(笑)。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク