舞台『モブサイコ100』~激突!爪第7支部~田中涼星×天羽尚吾「悪の組織としてワルを貫こう!」

2021年8月6日(金)から8月15日(日)にかけて上演される舞台『モブサイコ100』~激突!爪第7支部~。約3年ぶりとなるシリーズ第3弾公演の告知は、驚きのビジュアルと共にもたらされた。本作では、主人公の影山茂夫(通称・モブ)たちの身の回りに、怪しい大人の超能力者の影がチラつき始める。・・・それが「爪」第7支部!

「爪」とは、超能力者による世界征服を目論む秘密組織。そんな「爪」幹部を演じる新キャストとして、今回から座組に加わるのが田中涼星と天羽尚吾だ。ビジュアルから、普段の彼らからは想像できない「ワル」が漏れ出していたが・・・。初共演となる二人に、「悪役」に対する考えなどを聞いた。

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部 1号)

舞台『モブサイコ100』~激突!爪第7支部~田中涼星×天羽尚吾「悪の組織としてワルを貫こう!」

かっこいい!でも、超クレイジー・・・それが『モブサイコ100』

――お二人は、新キャストとして舞台『モブサイコ100』シリーズに加わることになりましたが、ビジュアルが出た時の反響は、すごかったのではないでしょうか?

天羽:ドキドキしていました。「モブサイコ100」の世界観って、コメディだけどオシャレじゃないですか。だから、ビジュアルについてはメイクさんと「80年代のロックシンガーみたいな要素を入れて作ってみよう」と話をしていて。それが、ファンの方に受け入れてもらえるかどうか・・・。発表になって、喜んでいただいているのが伝わってきたのでとても嬉しかったです。

田中:僕は、誇山のビジュアルを見てとにかくびっくりしていたんです。めちゃくちゃピアスとか付いてる・・・すげぇな!って(笑)。今まで見せたことのない感じに仕上がったので、自分でも意外だったというか。だから、良い反響があって良かったです。