Team申 本公演『君子無朋』開幕!佐々木蔵之介「雍正帝の覚悟と孤独を見てほしい」

2021年7月17日(土)より東京芸術劇場 シアターウエストにてTeam申 第5回本公演『君子無朋(くんしにともなし)~中国史上最も孤独な「暴君」雍正帝~』が開幕。初日前にはフォトコールと囲み会見が行われ、キャストの佐々木蔵之介中村蒼のほか、作の阿部修英、演出の東憲司が登壇した。

本作は佐々木蔵之介がプロデュースする“Team申”の11年ぶりの本公演となる。きっかは、20年に放送されたTVドキュメンタリー番組「中国王朝 英雄たちの伝説」の第三章“過労に倒れた専制君主・雍正帝”の佐々木による中国ロケ。

Team申 本公演『君子無朋』開幕!佐々木蔵之介「雍正帝の覚悟と孤独を見てほしい」

清の第五代皇帝で、玉座に座ることなく執務室で毎日20時間働くほど勤勉で、最期は過労死との仮説が有力視される“雍正帝”。彼のユニークさに触れた佐々木が、皇帝として規格外れなこの男の生涯を掘り起こし、光を当てて物語を紡いでいきたいと本公演につながった。

フォトコールでは黒ずくめの男たち(奥田達士、石原由宇、河内大和)が登場し、紫禁城について語り始めるシーンから始まり、オルク(中村蒼)が寝ている雍正帝(佐々木蔵之介)に近付いていく場面などが公開された。

コメント紹介

Team申 本公演『君子無朋』開幕!佐々木蔵之介「雍正帝の覚悟と孤独を見てほしい」

◆佐々木蔵之介
――初日を迎えて
ドキュメンタリー番組で中国を訪れ、その中で雍正帝を知りました。暴君でありながらも、なんともユニークな独裁政治をしていて、おもしろい人だなあと感じたことを覚えています。これは演じてみたい、と思ったのですが、そんな簡単に企画が通るものではないので、仕方なく(笑)Team申という自分の企画でさせていだきました。自分の企画だからこそ、短期間でここまで進められましたし、初日を迎えられたことを嬉しく思います。