栗山民也×大竹しのぶで『ザ・ドクター』医療機関のパワーゲームを通して描く現代の縮図

栗山民也×大竹しのぶで『ザ・ドクター』医療機関のパワーゲームを通して描く現代の縮図

2021年10月末から12月末にかけて、海外新作舞台『ザ・ドクター』の上演が決定した。本作は、少女の死をきっかけに始まったある医療機関で繰り広げられるパワーゲームを描いた社会派現代劇。演出は栗山民也。主演は大竹しのぶが務める。

2019 年に、ロンドン・アルメイダ劇場のアソシエイトディレクターであるロバート・アイクが、1912年に発表されたシュニッツラーの『Professor Bernhardi(ベルンハルディ教授)』を翻案し、自ら台本を手がけて演出した本作。

ザ・ガーディアンをはじめとする各紙で絶賛されたほか、翌年2020年には英国で最も権威あるローレンス・オリヴィエ賞「Best New Play(作品賞)「Best Actress(女優賞)」にノミネートされた。今回、栗山と大竹のタッグで日本初上演を迎える。

主人公は、医療研究所の所長でありエリート医師のルース。ある少女の死をきっかけに、宗教・ジェンダー・階級差など、あらゆる社会問題がルースの頭上に降りかかり、医師としての自分を見つめ直していくことになる。大竹は、自らの医師としてのアイデンティティと向き合う難役で、現代社会の縮図とも言える物語に身を投じる。

共演には橋本さとし、村川絵梨、橋本淳、宮崎秋人、那須凜、天野はな、久保酎吉、明星真由美、 床嶋佳子、益岡徹らが名を連ねた。

PARCO プロデュース 2021『ザ・ドクター』は、10月30日(土)・10月31 日(日)に埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 大ホール、11月4日(木)から11月28 日(日)まで東京・PARCO劇場で上演後、12月に兵庫・豊橋・松本・北九州を巡演する。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

大竹しのぶのプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「大竹しのぶ」に関する記事

「大竹しのぶ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大竹しのぶ」の記事

次に読みたい「大竹しのぶ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク