小池修一郎×京本大我『ニュージーズ』満を持して日本初上演!「今度こそ、劇場で」

小池修一郎×京本大我『ニュージーズ』満を持して日本初上演!「今度こそ、劇場で」

2021年秋にディズニーミュージカル『ニュージーズ』の上演が、改めて決定した。日本初上演となり、演出・日本語訳・訳詞を小池修一郎が手掛け、主演をSixTONES京本大我が務める。本作は、昨年5月から6月にかけて上演される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止となっていた。

『ニュージーズ』は、ボブ・ツディカーとノニ・ホワイトが脚本を手掛けた同名映画を原作に、ディズニー・シアトリカル・プロダクションズ製作によりブロードウェイで初演された作品。2012年のトニー賞では8部門にノミネートされ2部門を受賞、ドラマ・デスク・アワードでは6部門ノミネートで2部門を受賞。ブロードウェイで2年間、通算1,004回公演を達成した大ヒット作だ。

描いているのは、1899年のニューヨークを舞台に新聞販売の少年たち“ニュージーズ”の奮闘。音楽を『美女と野獣』『アラジン』『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』などを手掛けたアラン・メンケン、作詞はジャック・フェルドマン、脚本は『ラ・カージュ・オ・フォール』『トーチソング・トリロジー』で知られるハーヴェイ・ファイアスタインが手掛け、美しいメロディと躍動感溢れるダンス・ナンバーが盛りだくさんのミュージカルとなっている。

満を持しての再始動に向け、演出・日本語訳・訳詞の小池は、「昨年3月、1幕をザッと通した段階で稽古は止まり、数日後に公演中止が決定しました。感染防止のため、全員揃うこと無く解散となりました。集まったら、悔し涙の洪水以外無かったでしょう。その涙をエネルギーに変え再会を期した出演者たちは、1年半スキルを研いて来ました。彼らの熱い『Never Give Up!』のガッツが炸裂する舞台を、観客の皆様と共有出来る日を心から楽しみにしています。今度こそ、劇場でお会いしましょう!!」とコメント。


当時の記事を読む

エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク