松尾スズキが熱望!『パ・ラパパンパン』ヒグチユウコが公演ビジュアルを描き下ろし

2021年11月に上演されるCOCOON PRODUCTION 2021+ 大人計画『パ・ラパパンパン』より、メインビジュアルおよび公演情報が公開された。 メインビジュアルは、かわいさとダークさ が混在した童話風の絵柄が特徴で、擬人化した猫をモチーフとした画風で人気の画家・絵本作家のヒグチユウコの描き下ろし。

『パ・ラパパンパン』は 、2020年1月にシアターコクーンの芸術監督に就任した松尾が新たに演出を手掛ける、 現実と物語が交錯するゴージャスでファンタジックなミステリーコメディ。松尾は、ドラマ『ちかえもん』でも コメディセンスが光った藤本有紀に「ミステリーを書いてほしい」とラブコールを送り、シアターコクーンで自作以外の戯曲演出に挑戦する。

出演は、松たか子神木隆之介大東駿介皆川猿時早見あかり、小松和重、菅原永二、 村杉蝉之介、宍戸美和公、少路勇介、川嶋由莉、片岡正二郎、オクイシュージ、筒井真理子坂井真紀小日向文世、ほか。

以前からヒグチのファンを公言していた松尾の希望が叶い、『パ・ラパパンパン』の現実と物語が交錯するファンタジックな世界観を、ヒグチがミステリアスなタッチで表現。主人公のティーン向け小説家(松)と、その担当編集者(神木)、極悪非道の貸金業者・スクルージ (小日向)が、19 世紀ロンドンを思わせる衣裳で描かれている。さらに、ヒグチの描く人気キャラクターひとつめちゃんと黒猫も世界に溶け込んでいる。