生駒里奈×池田純矢W主演『-4D-imetor』レポート!イリュージョン+マジックで表現する新感覚体感型演劇

生駒里奈×池田純矢W主演『-4D-imetor』レポート!イリュージョン+マジックで表現する新感覚体感型演劇

俳優・池田純矢が企画・脚本・演出を手掛ける舞台公演「エン*ゲキ」シリーズの最新作、が2021年8月5日(木)に東京・紀伊國屋ホールにて開幕した。シリーズ第5弾となる今回は“量子力学”をテーマに、四次元世界や超能力といった未解明のミステリーを“イリュージョンマジック”で魅せる、演出的インスピレーションにあふれた新感覚の体感型演劇となっている。

当初、2020年5月に上演予定だったものの、新型コロナウイルスの流行に伴う緊急事態宣言を受け全公演が中止に。ゲネプロの直前に行われたフォトセッションでは、約1年越しの上演にキャスト陣が笑顔で意気込みを語った。

生駒里奈×池田純矢W主演『-4D-imetor』レポート!イリュージョン+マジックで表現する新感覚体感型演劇

まず最初に、今作の脚本・演出を担当し、世間から「オカルトマニアの変人」と噂されている超能力研究所の所長・渡来暦(わたらいこよみ)役を演じる主演の池田から初日に向けての熱い想いが語られた。

「昨年、中止が決まった時にはモチベーションも保てず気持ちもガタガタでしたが、この作品を届けたいという思いは途切れていなかったので、生駒ちゃんをはじめとするキャストに『延期公演をやりたいと思っています。スケジュールを合わせられないですか?』と聞いて動いていました。それがようやく今日・・・構想から11年半かけて想いが叶うという幸せに溢れています。嬉しい・楽しいより、ただただ『ありがとうございます!』という気持ちで、この巡り合わせに感謝しています」と言葉を紡ぐ。

W主演のもうひとり、記憶喪失の謎の少女・ノアを演じる生駒は「素直に、楽しみにこの時間を迎えられたというわけではなく、今の情勢を見ると『いいのかな?』という複雑な思いもあります。ただ私たちは誰かを楽しませるために存在しているので、それができる喜びと、観劇していただくお客様には絶対に幸せになって欲しいという気持ちで今はいっぱいです」と力強くコメント。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

生駒里奈のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「生駒里奈」に関する記事

「生駒里奈」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「生駒里奈」の記事

次に読みたい「生駒里奈」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク