立石俊樹・牧島輝、朗読劇『逃げるは恥だが役に立つ』で互いに刺激を受ける

立石俊樹・牧島輝、朗読劇『逃げるは恥だが役に立つ』で互いに刺激を受ける

東京・シアタークリエにて、恋を読む in クリエ『逃げるは恥だが役に立つ』が上演されている。様々な俳優の組み合わせで上演される本作のうち、2公演ではライブ配が実施。8月16日(月)の対象公演に向けて、出演する立石俊樹と牧島輝に作品の魅力を聞いた。

人気漫画が生んだ“ムズキュン”を、朗読で表現する本作。再演となる今回は、2公演でライブ配信も行われる。事前に行われた合同取材会で、ライブ配信の対象公演に出演する太田基裕立花裕大に話を聞いた。

原作は、海野つなみによる同名漫画で、ラブストーリーの朗読劇シリーズ「恋を読む」第2弾として2019年に初舞台化。TVドラマの大ヒットで広く知られた“ムズキュン”を、脚本・演出の三浦直之(ロロ)は、朗読劇の枠に収まらない斬新なアイデアで舞台上に再現した。今回は「恋を読む」シリーズ第4弾として、新たな出演者を迎えて再演されている。

愛経験ナシ「プロの独身」サラリーマン・津崎平匡のもとで、家事代行として働くことになった森山みくり。結婚にメリットを見いだせない平匡の同僚・風見涼太、みくりの伯母・土屋百合らを絡めながら、社会や人と人の間に横たわる社会問題を、軽快なタッチで“ラブコメディ”として描いた本作。

立石俊樹・牧島輝、朗読劇『逃げるは恥だが役に立つ』で互いに刺激を受ける

8月16日(月)のライブ配信公演では、津崎平匡役を立石、風見涼太役を牧島、そして、森山みくり役を花乃まりあ、土屋百合役を春野寿美礼が演じる。

 

原作を読んだ時に、早速「ムズキュン」を感じたという二人。原作を全巻一気に読んだという立石は、「普段、恋愛ものはあまり読まないのですが、“ムズキュン”が解決しそうでしなくて、気になって引き込まれました」と言う。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

立花裕大のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「立花裕大」に関する記事

「立花裕大」に関する記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク