笑福亭鶴瓶の新作落語を中村勘九郎・中村七之助らが歌舞伎に!『赤坂大歌舞伎』赤坂ACTシアターの節目を飾る

笑福亭鶴瓶の新作落語を中村勘九郎・中村七之助らが歌舞伎に!『赤坂大歌舞伎』赤坂ACTシアターの節目を飾る

TBS開局70周年を記念して、2021年11月にTBS 赤坂ACTシアターにて『赤坂大歌舞伎』の上演が決定した。赤坂大歌舞伎とは、十八代目中村勘三郎の「芸能の街・赤坂で歌舞伎を!」という一言から2008年にスタートし、誰にでも親しみやすい演目で幅広く人気を博してきた名物シリーズです。2013年からは中村勘九郎中村七之助兄弟が亡き父の遺志を継いで公演を続け、進化させてきた。

なお、TBS 赤坂ACTシアターは年内から改修工事が予定されており、この赤坂大歌舞伎が、一旦の節目を飾る作品となる((当面の間は舞台『ハリー・ポッター』の専用劇場として運営されるため)。

赤坂大歌舞伎は、昨年5月に中村獅童と共に『怪談 牡丹灯籠』を6回目の公演として予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大により中止を余儀なくされた。今回、演目も改め『廓噺山名屋浦里(さとのうわさやまなやうらざと)』、『越後獅子(えちごじし)』、『宵赤坂俄廓景色(よいのあかさかにわかのさとげしき)』の3作を上演する。

『廓噺山名屋浦里』は江戸時代に名を馳せた花魁「扇屋の花扇」にまつわる実話で、2015年、同劇場にて笑福亭鶴瓶が落語として披露。その翌年には「この落語を歌舞伎にしたい」と熱望し、勘九郎、七之助らが八月納涼歌舞伎の一演目として舞台化していた。再演を待ち望む声も多く、この度ゆかりの地で5年ぶりにお目見えする。

『越後獅子』は長唄にのせて、手おどり、足拍子、布さらしと、様々な踊りの表現を披露する作品。そして、舞台を締めくくる『宵赤坂俄廓景色』は、今回の赤坂大歌舞伎ならではの趣向を取り入れ、赤坂がかつて花街だった時代を想起させるような、華やかな作品になる予定だ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

笑福亭鶴瓶のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「笑福亭鶴瓶」に関する記事

「笑福亭鶴瓶」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「笑福亭鶴瓶」の記事

次に読みたい「笑福亭鶴瓶」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク