稲葉友の企画に大鶴佐助、泉澤祐希が参加『ともだちが来た』配役は当日コイントスで

稲葉友の企画に大鶴佐助、泉澤祐希が参加『ともだちが来た』配役は当日コイントスで

2021年10月から11月にかけて、稲葉友が企画・出演する舞台『ともだちが来た』が上演される。共演には、稲葉が直接誘いをかけた同世代の俳優・大鶴佐助泉澤祐希千秋楽日以外は回代わりで出演)が名を連ねた。なお、演出は俳優自身が行い、配役は当日舞台上にてコイントスで決めるほか、千秋楽の2公演は出演者と配役の両方を当日コイントスで決定する。

『ともだちが来た』は、1994年8月に京都にて初演された鈴江俊郎の作品。1995年には第2回OMS<扇町ミュージアムスクエア>にて戯曲賞・大賞を受賞した。登場人物は「私」と「友」の二人だけ。暑い夏の日に「私」を突然訪ねてきた高校時代の「友」は、「俺のこと忘れないでいて欲しいんだよ」と「私」に告げる・・・。

稲葉は、2019年に浅草九劇で行われた舞台『エダニク』に出演し、また同劇場で芝居をしたいと企画を考えていたところ、本作に出会った。また、同世代の俳優とこの芝居をしたいと思いから「戯曲を読んだ時、自然と顔が思い浮かんだ」という大鶴と泉澤に声を掛けたという。さらに、『エダニク』では稲葉・大鶴と共に舞台に立ち、『ともだちが来た』の出演経験も演出経験も持つ俳優の中山祐一朗が監修として参加する。

本公演は、“配役をコイントスで当日決める”という仕掛けになっているため、俳優たちは直前まで「私」か「友」、どちらの役で舞台に立つのか分からない。この挑戦に対し、稲葉は「すべて未体験なことですが、そんな企画に挑むことの背中を押してくれたのは『ともだちが来た』という作品そのものでした。」と作品自体への期待を寄せる。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

大鶴佐助のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「大鶴佐助」に関する記事

「大鶴佐助」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大鶴佐助」の記事

次に読みたい「大鶴佐助」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク