ミュージカル『October Sky-遠い空の向こうに-』インタビュー!甲斐翔真×阿部顕嵐×井澤巧麻×福崎那由他の心を動かす“原動力”

ミュージカル『October Sky-遠い空の向こうに-』インタビュー!甲斐翔真×阿部顕嵐×井澤巧麻×福崎那由他の心を動かす“原動力”

2021年10月6日(水)より、東京・シアターコクーンにて『October Sky-遠い空の向こうに-』が上演される。本作は、全米でベストセラーとなった元NASAの技術者ホーマー・H・ヒッカム・Jr.による感動の自伝小説「ロケットボーイズ」を原作とした青春映画をミュージカル化したもの。

アメリカでの2度のトライアウト公演を経て、日本で初演を迎える本作で、「ロケットを打ち上げたい」と夢を抱く4人の少年を、甲斐真、阿部顕嵐(7ORDER)、井澤巧麻、福崎那由他の4人の若き俳優たちが演じる。そんな彼らに、原作となる映画から受けた印象や、子どもの頃の“夢”・・・彼らを突き動かす原動力などについて、話を聞いた。

ミュージカル『October Sky-遠い空の向こうに-』インタビュー!甲斐翔真×阿部顕嵐×井澤巧麻×福崎那由他の心を動かす“原動力”

「素晴らしい映画」をミュージカルで伝えるということ

――まず、本作のお話を聞いて、どんなところに魅力を感じましたか?

甲斐:この作品は、自伝小説をもとにした青春映画をミュージカル化したものなんですよね。僕はまず、映画を拝見したのですが・・・とにかく、感動してしまって。仕事という枠を取っ払って、一つの素晴らしい映画に出会えた!と感じました。だからこそ、ミュージカルとして表現する時に、夢の持つことの意味、若い高校生たちが持つパワー、この作品が持つ魅力を壊さないようにがんばらなければと思いました。

阿部:僕も、お仕事の話を忘れて映画にのめり込んでしまいました。宇宙って、男性も女性も絶対一度は憧れるロマンを秘めたものだと思うんですよね。夢を描くキラキラも、逆境や挫折もちゃんと描かれている。もともと映画を観ることがとても好きなのですが、単純に「こんな素敵な映画あったんだ」と、出会えたことに感謝です。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

翔のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「翔」に関する記事

「翔」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「翔」の記事

次に読みたい「翔」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク