崎山つばさ「僕らが作る“道”に皆さんを導きたい」GReeeeNの青春描く音楽劇『キセキ-あの日のソビト-』稽古場レポート

崎山つばさ「僕らが作る“道”に皆さんを導きたい」GReeeeNの青春描く音楽劇『キセキ-あの日のソビト-』稽古場レポート

2021年10月22日(金)に開幕する音楽劇『キセキ-あの日のソビト-』。開幕を1週間後に控えた稽古場の様子が、オンラインで公開された。初の衣裳付き通し稽古を終えたあと、GReeeeNのプロデューサーであるJIN役の崎山つばさ、GReeeeNメンバーを演じる立石俊樹、太田将熙、岸本勇太、里中将道が取材に応じた。

崎山つばさ「僕らが作る“道”に皆さんを導きたい」GReeeeNの青春描く音楽劇『キセキ-あの日のソビト-』稽古場レポート

本作は、人気ボーカルグループ「GReeeeN」の話を元に製作され、大ヒットを記録した映画『キセキ-あの日のソビト-』の舞台化作品。メンバー全員が歯科医師免許を持ち、医療との両立のため顔出ししないという異色の形で活動を続けてきた「GReeeeN」を、生バンドの演奏と生歌に乗せて、俳優たちが「等身大の若者」として見せる。

崎山つばさ「僕らが作る“道”に皆さんを導きたい」GReeeeNの青春描く音楽劇『キセキ-あの日のソビト-』稽古場レポート

(以下、あらすじに触れています)

JIN(崎山つばさ)は、医師であり厳格な父・誠一(羽場裕一)から厳しく育てられていたが、父の意に反して音楽の世界にのめり込んでいた。音楽活動を続ける中で、レコード会社の目に留まり、JINはメジャーデビューのきっかけを掴むこととなる。父の猛反対を押し切り、JINは家を飛び出していく。

崎山つばさ「僕らが作る“道”に皆さんを導きたい」GReeeeNの青春描く音楽劇『キセキ-あの日のソビト-』稽古場レポート

崎山つばさ「僕らが作る“道”に皆さんを導きたい」GReeeeNの青春描く音楽劇『キセキ-あの日のソビト-』稽古場レポート

一方、弟のHIDE(立石)は受験生。医大を目指すも浪人してしまう。限界を感じていたが、母(遠山景織子)の「昔から歯が弱かった」という言葉をきっかけに、歯医者になるという新たな夢を見つける。

崎山つばさ「僕らが作る“道”に皆さんを導きたい」GReeeeNの青春描く音楽劇『キセキ-あの日のソビト-』稽古場レポート

 

崎山つばさ「僕らが作る“道”に皆さんを導きたい」GReeeeNの青春描く音楽劇『キセキ-あの日のソビト-』稽古場レポート
歯科大でnavi(太田)、92(岸本)、SOH(里中)という仲間と出会ったHIDEは、彼らとの交流の中で、兄と同じく音楽の魅力に引き寄せられていき、「グリーンボーイズ」を結成。自分たちのオリジナル曲を作ろうと、HIDEは兄JINに曲のアレンジを依頼する。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

勇太のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「勇太」に関する記事

「勇太」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「勇太」の記事

次に読みたい「勇太」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク