加藤和樹アーティストデビュー15周年記念インタビュー「孤高の存在であるよりも、人の心に寄り添える歌を」

加藤和樹アーティストデビュー15周年記念インタビュー「孤高の存在であるよりも、人の心に寄り添える歌を」

2005年にミュージカル『テニスの王子様』の跡部景吾役で一躍脚光を浴び、翌2006年4月にはMini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。その後はアーティスト・俳優・声優として精力的に活動を続けて来た加藤和樹が今年アーティストデビュー15周年を迎えた。

多くの2.5次元作品やストレートプレイに出演し、近年はグランドミュージカルで主演を務めるなど目覚ましい活躍を見せ、今年4月の第46回菊田一夫演劇賞・演劇賞の受賞で名実共に多くのミュージカルファンの注目を集める存在となった加藤。

15周年を迎えた現在の心境やこれまでの道のりを振り返っての想い、そして今後の音楽への向き合い方について、たっぷり語ってもらった。

(取材・文・撮影/近藤明子)

人との出会いに生かされて 気が付けばここたどり着いていた

――改めて「アーティストデビュー15周年」と聞き、もうそんなに経ったのかとビックリしました。

僕自身は「気が付けばもう15年か」という感じなのですが、昔から知ってくださっている方たちはそう思うみたいですね(笑)。

――デビュー当時は、今のこの状況は想像していましたか?

いや、全く!当時は役者としてもアーティストとしてもゼロからのスタートだったので、毎日必死で「将来どうなりたいか」なんて考える余裕なんてありませんでした。憧れのアーティストの活躍を見ながら「早く自分もこういう場所でライブが出来るようになりたい」「全国をライブツアーで回れるようになりたい」と夢を膨らませていたけれど、なかなか思うようにはいかなくて・・・。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

加藤和樹のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「加藤和樹」に関する記事

「加藤和樹」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「加藤和樹」の記事

次に読みたい「加藤和樹」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク