11月6日配信!伊万里有の「読奏劇」として見せる新解釈『江戸川乱歩・作/日記帳』収録レポート

約1年ぶりに、配特化型朗読劇『Dream Stage(ドリームステージ)-読奏劇-』が再始動した。第2弾は櫻井圭登に始まり、11月6日(土)に伊万里有の配信を予定。そして、梅津瑞樹、田村心と続く。本記事では、「江戸川乱歩 作/日記帳」を読んだ、伊万里の撮影現場の模様をレポートする。

関連記事10月23日配信!櫻井圭登が映像の「読奏劇」として読み解いた『新美南吉・作/手袋を買いに』収録レポート

『Dream Stage(ドリームステージ)-読奏劇-』が、約1年ぶりに再始動する。『読奏劇』とは、著作権が消失した国内外の名作小説・童話を題材に、音楽のMusic Videoのような演出を施した配信特化型朗読劇。第2弾には、櫻井圭登、伊万[…]

11月6日配信!伊万里有の「読奏劇」として見せる新解釈『江戸川乱歩・作/日記帳』収録レポート

11月6日配信!伊万里有の「読奏劇」として見せる新解釈『江戸川乱歩・作/日記帳』収録レポート

パブリックドメインとなった国内外の名作小説・童話を題材に、音楽のMusic Videoのような映像に仕立てる「読奏劇」。今年春に、“聴く読書”サービス「ListenGo(リスンゴ)」にて、音声版のスピンオフが制作されており、伊万里はその際にも同作を読んでいた。作品と伊万里のフィット感から、映像作品としても「読む姿を含めて、この作品を表現する伊万里の姿を形にしたい」と、映像版にもオファーがされた。

11月6日配信!伊万里有の「読奏劇」として見せる新解釈『江戸川乱歩・作/日記帳』収録レポート

江戸川乱歩と言えば、日本における推理小説の第一人者。短編として書かれたこの「日記帳」は、病気で弟を亡くした「私」は、書斎で弟の日記を見つけた。そこに綴られていたのは、真面目で神経質な弟らしい言葉の数々。その中に、ふいにある女性の名前が登場し、兄は驚く。