『江戸川乱歩・作/日記帳』伊万里有インタビュー!心の動きにまかせた「読奏劇」

約1年ぶりに再始動した『Dream Stage(ドリームステージ)-読奏劇-』。11月6日(土)の配には、伊万里有が登場する。エンタステージは、著作権が消失した国内外の名作小説・童話を題材に、音楽のMusic Videoのような演出を施した配信特化型朗読劇の撮影現場に密着してきた。本記事では、収録を終えた時の伊万里の声をインタビューとしてお届けする。

シリーズコンセプトに「自分と似ている」とシンパシーを感じたという伊万里。監督の描きたい“新解釈”についても、“素材”としてカメラの前に立ちながら、自らも作品の解釈を深めるためのアイデアを出すなど、作り手とのセッションを楽しんでいるように見えた。「読奏劇」に取り組む中で、伊万里はどんなことを感じていたのか?話を聞いた。

『江戸川乱歩・作/日記帳』伊万里有インタビュー!心の動きにまかせた「読奏劇」

――撮影を終えて、いかがでしたか?

いい作品になったんじゃないかなと手応えがありました。早く観たいですね。出演のお話をいただいた時、プロデューサーも監督も以前からお世話になっている方だったので、僕が自分で直接お話を伺ったんですよ。先に音声版をやらせていただきましたが、耳から聞いた物語を、改めて目で見るというのは、あるようでなかった気がして。実際、撮影をしてみて、新しいことをやっていると思った感覚は間違っていなかったなと思いました。

――「読奏劇」は、昨年のコロナ禍で誕生した企画なのですが、他の方の作品はご覧になりましたか?

はい。それぞれ拝見しました。1年前にやってた役者仲間から「大変だよ~」という話も聞かされていました(笑)。だから、撮影前はめっちゃ身構えていたんですよ。撮影前日も、寝る前に「もう一回読んでおこう」と思って本を手に取ったんですけど・・・。