ミュージカル『蜘蛛女のキス』石丸幹二、安蘭けい、相葉裕樹・村井良大らの熱高まる稽古場ドキュメントを公開

ミュージカル『蜘蛛女のキス』石丸幹二、安蘭けい、相葉裕樹・村井良大らの熱高まる稽古場ドキュメントを公開

2021年11月26日(金)に開幕するミュージカル『蜘蛛女のキス』。10月上旬より行われている稽古より、熱の高まる稽古場の様子がドキュメンタリー動画として届いた。

ミュージカル『蜘蛛女のキス』は、1976年に出版されベストセラーとなった作家マヌエル・プイグ作の小説を原作として1990年代にミュージカル化された作品。1993年にはトニー賞ミュージカル作品賞などを多数受賞し、日本での人気も高い。

ミュージカル『蜘蛛女のキス』石丸幹二、安蘭けい、相葉裕樹・村井良大らの熱高まる稽古場ドキュメントを公開

音楽と歌詞は、『キャバレー』や『シカゴ』などのヒット作を生み出してきたコンビ、ジョン・カンダーとフレッド・エブが手掛け、抒情的かつメロディアスな楽曲が、全編にわたり作品を彩る。その名曲は数々のミュージカル俳優によってコンサートなどでも歌われてきた。

公開された稽古場ドキュメント『創作の現場より』の第1弾では、モリーナ役の石丸幹二が軽快な音楽に乗せて歌い踊る「♪ドレスアップ」や、バレンティン役の相葉裕樹との掛け合いシーンの稽古風景、演出・日澤雄介によるコメントなどが納められている。

稽古場ドキュメントは、11月16日(火)17:00に第2弾、11月22日(月)17:00に第3弾を公開予定。第2弾では、蜘蛛女/オーロラ役・安蘭けいとダンサーズが、美しく格好よく魅せるショーナンバー、第3弾ではバレンティン役のWキャスト、村井良大が稽古に本格合流する様子などが公開予定。

ミュージカル『蜘蛛女のキス』は、11月26日(金)から12月12日(日)まで東京・東京芸術劇場 プレイハウス、12月17日(金)から12月19日(日)まで大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演される。

スペシャルアフタートークショーやトーク映像プレゼント特典のある公演あり。
詳細:https://horipro-stage.jp/event/spiderwoman20210712/

 

チケットぴあで予約・購入する

ミュージカル『蜘蛛女のキス』公演情報

上演スケジュール

【東京公演】2021年11月26日(金)~12月12日(日) 東京芸術劇場プレイハウス
【大阪公演】2021年12月17日(金)~12月19日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

スタッフ・キャスト

【出演】
モリーナ:石丸幹二
蜘蛛女/オーロラ:安蘭けい
バレンティン:相葉裕樹/村井良大(Wキャスト)

所長:鶴見辰吾
モリーナの母:香寿たつき
マルタ:小南満佑子
マルコス:間宮啓行
エステバン:櫻井章喜

アウレリオ/囚人(所長役 カバー):藤浦功一
囚人フエンテス/狂信的革命家:佐々木誠
アムネスティ国際オブザーバー/囚人エミリオ(マルコス/エステバン役 カバー):俵和也
ガブリエル/囚人:伊藤広祥
脱走囚/カルロス:半澤昇
オーロラの男達/囚人達:当銀大輔
オーロラの男達/囚人達:荒木啓佑
オーロラの男達/囚人達:矢内康洋
オーロラの男達/囚人達:橋田康

モリーナの母/マルタ役 スウィング:小島亜莉沙
オーロラの男達/囚人達 スウィング:上條駿

【脚本】テレンス・マクナリー(マヌエル・プイグの小説に基づく)
【音楽】ジョン・カンダ―
【歌詞】フレッド・エブ

【演出】日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)
【翻訳】徐賀世子
【訳詞】高橋亜子
【音楽監督】前嶋康明
【振付】黒田育世

【公式サイト】https://horipro-stage.jp/stage/spiderwoman2021
【公式Twitter】@spiderwoman2021

編集部おすすめ

当時の記事を読む

石丸幹二のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「石丸幹二」に関する記事

「石丸幹二」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「石丸幹二」の記事

次に読みたい「石丸幹二」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク