古川雄大主演の“言葉で戦う演劇” 『シラノ・ド・ベルジュラック』馬場ふみか、浜中文一らメインキャスト発表

2022年2月に上演が決定した『シラノ・ド・ベルジュラック』より、メインキャストが発表された。本作は、マーティン・クリンプ脚色版で、谷賢一の翻訳・演出、古川雄大主演で日本初上演となる。メインキャストには、馬場ふみか浜中文一大鶴佐助、章平、堀部圭亮、銀粉蝶が名を連ねた。

『シラノ・ド・ベルジュラック』は17世紀フランスに実在した詩人にして、剣豪、勇気のあるシラノを主人公にしたエドモン・ロスタン作の戯曲。大きな鼻のコンプレックスに悩みながらも、一人の女性を慕い続けた壮麗で高潔無比で自由な精神を持つシラノの永遠の愛の物語として、1897年に初演されて以来、世界各地で上演が繰り返されてきた。

そして、2019年秋から2020年までロンドンのプレイハウス・シアターでジェイミー・ロイドの演出によって上演された際に、マーティン・クリンプによって現代的な脚色がなされ、全く新しい『シラノ・ド・ベルジュラック』が誕生。ローレンス・オリヴィエ賞でリバイバル賞を受賞しするなど、高い評価を得た。日本初上演となる今回、翻訳・演出の谷はこれを“言葉で戦う演劇”にするとしている。

配役は、馬場が美しくて理知的なロクサーヌ役、浜中が口下手で学識のないクリスチャン役、大鶴がシラノの仲間であるリニエール役、章平がシラノの頼りになる親友ル・プレ役、堀部がシラノを敵対視する横暴な伯爵ド・ギーシュ役、銀粉蝶が恋するロクサーヌを支えるマダム・ラグノ役を演じる。