大倉孝二主演『イモンドの勝負』開幕!ナイロン100℃ 3年ぶりの新作にケラリーノ・サンドロヴィッチ「とても満足」

大倉孝二主演『イモンドの勝負』開幕!ナイロン100℃ 3年ぶりの新作にケラリーノ・サンドロヴィッチ「とても満足」

2021年11月20日(土)東京・本多劇場にて、ナイロン100℃ 47 th SESSION『イモンドの勝負』が開幕。大倉孝二、みのすけ、犬山イヌコ峯村リエ、三宅弘城他、多方面で活躍中の劇団員が出演し、更に赤堀雅秋、山内圭哉池谷のぶえらが客演として名を連ねている。以下、オフィシャルレポートをお届けする。

ナイロン100℃の本公演は3年ぶり。本来ならば昨年末にも新作公演が予定されていたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け中止となり、2018年の『睾丸』以来の公演となる。ナイロン100℃のホームグラウンドと言える本多劇場での公演とあり、上演前から演劇ファンの期待値が高い公演だ。

大倉孝二主演『イモンドの勝負』開幕!ナイロン100℃ 3年ぶりの新作にケラリーノ・サンドロヴィッチ「とても満足」

大倉孝二主演『イモンドの勝負』開幕!ナイロン100℃ 3年ぶりの新作にケラリーノ・サンドロヴィッチ「とても満足」

大倉孝二演ずる主人公“タモツ”を取り巻く不可思議な出来事、まとわりつく不条理を体験してゆくうちに、観客は迷路のような異空間へと誘われていく。ねじれたりはずれたりする会話のやりとりに笑ったかと思えば、足元が揺らぐような世界観の跳躍に戸惑う。その先にはどんな光景があるのだろうか。“今まで見たこともない芝居”を体験するに違いない。

近年の、ナイロン100℃『ちょっと、待ってください』や、KERA×古田新太のタッグ企画シリーズ、ケムリ研究室『砂の女』等、多様な不条理やナンセンスへのアプローチを経て、今回の公演では、今のケラリーノ・サンドロヴィッチにしか表現し得ない、そしてまさにナイロン100℃にしか成し得ない“ナンセンスの新境地”に踏み込んだのかもしれない。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

大倉孝二のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大倉孝二」に関する記事

「大倉孝二」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大倉孝二」の記事

次に読みたい「大倉孝二」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク