構想4年!ノンスタ石田明のオリジナル脚本・演出『結 -MUSUBI-』は動きで勝負のノンバーバル

構想4年!ノンスタ石田明のオリジナル脚本・演出『結 -MUSUBI-』は動きで勝負のノンバーバル

NON STYLE石田明がオリジナル脚本・演出を手掛ける舞台『結 -MUSUBI-』の上演が決定した。構想4年。石田が作り上げたのは、相撲部屋を舞台に、「笑い」を中心に進行する物語。主演には、劇団EXILEの小野塚勇人を迎える。

「海外で勝負ができるような舞台をしたい」という想いから、吉本興業の社員とこっそり動き出していたという石田。韓国にショーを見に行き、大ヒットノンバーバル・パフォーマンス『NANTA』の舞台制作チームに話を聞いたりしながら、構想を深めていったという。

第一稿ができたのが3年前。もともとは違うタイトルだったが、『結 -MUSUBI-』というタイトルになり、2020年冬にはもう台本は整っていた。石田が「吉本興業が作るものとして、多分こんなに構想が長い」と言うほど、じっくり時間をかけて準備を進めてきた。

また今回、石田の得意ジャンルであり、お笑いの武器である「しゃべり」を封じる選択をした。台本はすべてト書き、台詞は一つもない。その理由を「漫才師ですから“言葉”というものに頼りきりで。自身のあった“しゃべりい”と“動き”、その一つを封印することで、“動き”だけで笑いや感動を生めるような、もう一つ上のランクに行ってみたい」と、新たな挑戦に踏み出したという。

「メリット、デメリットは計り知れないほどある」としながらも、「言葉を封印することで今まで使っていなかった脳みそを使います。『これがまた新たに漫才にも使えるなぁ』『持ち帰るものがたくさんあるなぁ』と思うんじゃないかというワクワクがあり、新しい石田の世界が作れたらなと思っています。デメリットは多いんですが、前向きな感情が強いので間違いなくおもしろくなるんじゃないのかなぁと思っています」と前向きだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク