3月、法輪功学習者が全土で365人連行される

3月、法輪功学習者が全土で365人連行される
行方不明になった長春市の法輪功学習者・李晶さん宅の様子、2018年3月14日頃撮影(minghui.org)

中国国内では共産党による法輪功学習者への迫害が続いている。法輪功に対する迫害について伝える明慧ネットによると3月、中国全土で365人の法輪功学習者が当局に連行された。



同サイトによると最近、当局は学習者を連行するために、追跡装置などのハイテク技術を導入して、学習者たちの行動を監視している。法輪功学習者たちは適宜、共産党による法輪功弾圧は不当であると主張する資料を配布したり、口伝えで広めたりしている。



当局が3月に連行した法輪功学習者365人のうち、141人が現在までに解放された。156人は現金やパソコンなど私財を押収された。



中国憲法において、法輪功を学ぶことは違法ではない。しかし、共産党政権は1999年江沢民政権時代より超法規的な弾圧政策を敷いている。中国国内の人権を監視する組織「中国政治犯関注(CPPC)」によると、法輪功信仰者は良心の囚人であり、「組織利用邪教罪」などの罪で起訴されている。



明慧ネットによると、法輪功学習者に対する裁判が3月、55回行われた。58人の法輪功学習者に有罪判決が下った。同サイトは家族や知人の知らせを受け、学習者が拘束された例を挙げた。



黒龍江省に住む孫玉蘭さんは3月、娘宅にいたところ警官に連行された。同日夜、孫さん宅では本人不在のまま強制家宅捜索が行われ、法輪功の書籍や資料、プリンター、印刷用紙、携帯電話、交通カードなどが押収されたという。



天津市静海区に住む張立芹さんは3月15日、警官に連行された。今回が初めてではない。2009年2月12日、張さんは自宅で不当に連行され、実刑判決を受けて天津女子刑務所で7年過ごした。釈放後の2016年以降も、警察による監視や嫌がらせ、恫喝を受けている。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2018年5月13日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。