マレーシア首相、初の外遊先は日本 脱中国の姿勢を鮮明に

マレーシア首相、初の外遊先は日本 脱中国の姿勢を鮮明に
5月10日マレーシア総選挙に勝利したマハティール首相は、就任後の初の訪問先として日本を選んだ(MANAN VATSYAYANA/AFP/Getty Images)

15年ぶりに政権復帰したマレーシアのマハティール首相(92)は、初の外遊先として日本を選んだ。同首相は11~12日までの日程で日本に滞在する。マレーシア外務省は、今回の訪日を通じて、マレーシアと日本など同地域各国との間で、より幅広い経済提携を強化していきたいとの声明文を発表した。マハティール新政権が、新らたな「ルックイースト」政策(東方政策)で、これまでの中国偏重の国内経済政策を転換していく姿勢が鮮明となった。



同国外務省が9日発表した声明では、マハティール首相は、日経新聞が主催する国際会議「アジアの未来」に出席するため訪日するとした。



日本滞在期間中、安倍晋三首相との会談が予定されている。また、日本-マレーシア経済協会や日本の商工会議所、対外貿易機関など経済界関係者との会談も行う見通しだ。



また同声明は、「アジアの未来」に出席する同地域の各国関係者に対して、マハティール政権は、今後の貿易や外国直接投資政策についてアピールしていくと言及した。



マレーシア国営通信社電子版(11日付)によると、同日の「アジアの未来」に出席したマハティール首相は、今後同国で国産自動車の製造に力を入れる意向を示した。また、世界最高齢の指導者の一人でもある首相は、天寿が全うするまで首相としての責務を果たしていくと意気込んだ。



ロイター通信は10日、マハティール首相は訪日で中国以外の国からの投資を誘致するとの目標を掲げているとの見方を示した。同首相は、ナジブ前政権が残した莫大な債務問題を解決するために、財政再建を迫られている。財政の健全化を図るには、海外からの投資が必要だ。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2018年6月11日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。