アジア太平洋地域の安定、台湾の現状維持にかかっている=米政府官員

アジア太平洋地域の安定、台湾の現状維持にかかっている=米政府官員
アレックス・ウォン米国務省アジア太平洋事務次官補(VOA)

米国務省のアジア太平洋担当次官補代理は6日21日、中国が圧力で台湾の国際的立場を変えようとしていることに、米国は非常に懸念していると述べた。また、台湾はトランプ政権のインド太平洋戦略において、重要な役割を果たすと語った。



米シンクタンクの新アメリカ安全保障センターが主催するイベントで登壇したアレックス・ウォン(黄之瀚)次官補代理は、中国共産党政府は、台湾が国際社会に貢献する機会を奪っていると非難した。たとえば、台湾が被災国や貧困地域にあてる人道支援、社会貢献、また世界保健機構(WHO)会議の参加など。



WHOは年次総会を5月、スイスのジュネーブで開いたが、中国の圧力を受け、台湾への招待を昨年に引き続き見送った。これについて日米豪の政府高官はWHOに対して遺憾の意を示した。



中国共産党政権は近年、世界各国の航空会社やホテルチェーン、アパレルメーカなどに対して、台湾・香港・マカオに関する表記や地図のカテゴリーを、中国当局の要求通りに変更するよう求めており、従わない場合の報復措置もちらつかせている。



日本航空(JAL)や全日空(ANA)はこのたび、中国民用航空局の要求を受けて、中国大陸で使用される中国語簡体字のチケット購入サイトの台湾表記を変更した。日本語や英語では変更していない。台湾外務省は18日、2社に抗議し訂正を求めると発表した。



菅義偉官房長官は19日の記者会見で、中国政府による台湾表記変更要求について「政府が民間企業に強制力をもって特定の政治的立場に基づいた措置を取るよう要求することは好ましくない」とし、懸念を示した。また、外交ルートを通じて中国政府に懸念を伝えたことも明らかにした。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2018年6月22日の中国記事
「アジア太平洋地域の安定、台湾の現状維持にかかっている=米政府官員」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    中国も朝鮮半島も厄介な国だから、、、台湾を独立した主権国家として国連に加盟出来るようにする。その後日米と平和条約を締結し中国と朝鮮半島を封じ込めるのがベスト!

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。