米上場中国企業の8割が裏口上場 米映画「チャイナ・ブーム」が暴露

米上場中国企業の8割が裏口上場 米映画「チャイナ・ブーム」が暴露
米映画監督のジェッド・ロススタイン氏(大紀元)

「真実を明かす勇気ある中国人の姿を、ぜひ中国国内の人々にも見てほしい」



アメリカ映画監督のジェッド・ロススタイン(Jed Rothstein)氏はこのほど、大紀元の取材に応じた際、こう語った。



同監督の最新作品であるドキュメンタリー映画「ザ・チャイナ・ハッスル(邦題はチャイナ・ブーム 一攫(かく)千金の夢)」(上映時間84分)は、米株式市場に上場する中国企業のからくりを暴いている。映画は、実在の人物と出来事をもと基に作られた。



2017年9月8日、トロント国際映画祭でプレミア上映された。米フォーブス誌は3月、「ザ・チャイナ・ハッスル」について、2018年度最重要映画作品の1つと評価した。



製作には12人ものプロデューサーがかかわった。中でも、アレックス・ギブニー氏は、2005年の「エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?(Enron: The Smartest Guys in the Room)」でアカデミー賞にノミネートされていた。



8割の中国企業は「裏口上場」



同映画では、問題のある中国企業にスポットを当てた。中国企業は国内での業績や財務状況を粉飾した後、経営不振の米国上場企業を買収することで、正当な上場企業に変わっていく、いわゆる裏口上場(back door listing)の実態を明かした。



裏口上場の手法は「逆さ合併(reverse merger)」とも呼ばれる。非上場企業の株主が投資銀行の仲介で、上場企業を買収し経営権を掌握した後、同上場企業を通じて非上場企業の資産などを吸収合併し子会社化することで、非上場企業が間接的に上場し目的を果たす。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2018年6月25日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。