北朝鮮タンカーと中国国旗掲揚の船「瀬取り」疑い 公表7例目

北朝鮮タンカーと中国国旗掲揚の船「瀬取り」疑い 公表7例目
北朝鮮タンカーと国籍不明船。のちに中国国旗を掲揚した(防衛省)

政府は27日、北朝鮮船籍タンカーと国籍不明の船舶が、国連安全保障理事会の制裁に反して、違法な洋上での船舶間の物資の積替え「瀬取り」を21日、22日に続けて行った疑いがあると公表した。「瀬取り」の疑いの公表は7例目となる。



防衛省によると、北朝鮮籍のタンカー「YU PHYONG 5号」と国籍不明の小型船舶は、東シナ海の公海上で横づけし、ホースを接続していたという。海上自衛隊が確認した。



公表によると、北朝鮮タンカーに横付けした小型船舶は両日とも同一の船とみられる。22日には、2隻の船舶の分離後、この小型船舶は中国国旗とみられる旗を掲揚した。



北朝鮮船籍タンカー「YU PHYONG 5号」は、2018年3月に国連安保理北朝鮮制裁委員会から資産凍結・入港禁止の対象に指定された船舶。



外務省は安保理北朝鮮制裁委員会に通報し、小型船舶と関係があるとみられる中国にも「関心表明」を行った。



(編集・甲斐天海)

あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2018年6月27日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。