中国GDP、下半期にさらに減速の見通し 貿易戦などが影響

中国GDP、下半期にさらに減速の見通し 貿易戦などが影響
中国当局は16日に第2四半期GDP成長率が6.7%と発表した。国内専門家は内需と投資の低迷、米中貿易戦で下半期の中国GDP成長率が一段と鈍化すると推測する。写真は中国の連雲港(VCG/VCG via Getty Images)

中国国家統計局は16日、第2四半期(3~6月期)の国内総生産(GDP)は前年同期比6.7%増と発表した。第1四半期の6.8%増から減速した。中国国内専門家は、内需・投資の低迷、米中貿易戦が主因で、下半期の中国のGDP成長率は一段と鈍化すると推測する。



当局が発表した6月鉱工業生産は同6.0%増で、2年ぶりの低水準。事前市場の予測は6.5%増だった。



1~6月の固定資産投資は同6%増となった。1995年記録を開始以来、最小の増加幅となった。昨年から打ち上げられた金融デレバレッジ政策(債務圧縮)による与信の縮小が原因だ。



ロイター通信(16日付)によると、中国国内証券会社の海通証券のアナリストらは、中国の製造業のトレンドは第2四半期始めの「需要低迷・生産(供給)過剰」から、「需要も生産も低迷した」に変わったとの見方を示した。また、中国経済の下振れ圧力が強まっており、経済のけん引力である不動産投資の貢献度が低下しているとした。



中国政府系シンクタンク、国家情報センター(SIC)は今年下半期の中国のGDP成長率が6.6%まで下落すると予測する。米中貿易戦により、経済の不確実性が増加したことが主因だという。



人民銀行(中央銀行)は、景気を下支えする狙いで、6月下旬に市中銀行の預金準備率の引き下げを決定した。



中国中原銀行の王軍チーフエコノミストは、中国経済は現在、需要が全体的に鈍化し、投資と個人消費が減少しているとした。米中貿易戦などの外部要因に加え、下半期の中国国内外の需要鈍化が拡大することで、景気の減速感が一段と強まる。王氏は、この影響で今年1年間の中国GDP成長率は6.5%~6.6%に減速すると推測した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

大紀元時報の記事をもっと見る 2018年7月19日の中国記事
「中国GDP、下半期にさらに減速の見通し 貿易戦などが影響」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    中国経済の減速は元の刷りすぎと高騰した人件費が原因。何でもアメリカのせいにするな。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。