第四章 共産邪霊 人類を破滅の道へ(上)

第四章 共産邪霊 人類を破滅の道へ(上)
拡大する(全1枚)

 



【関連記事】

第三章(下)共産邪霊の手段:環境と文化の破壊

目録



前書き



1. 神に叛(そむ)き、祖先を罵倒



1)神に叛く



2)祖先を罵倒、伝統文化を誹謗中傷



3) 洗脳された人が伝統文化を攻撃



2. 強力な洗脳、善悪反転



1) 「天命」の代わりに「革命」を



2) 党が道徳を定め、悪を「善」に



3) 思想改造運動、血のない殺人



4) 誰も免れない災禍



******



前書き



文化大革命後、中国共産党は存続の危機を乗り切るために、「改革開放」の政策を打ち出した。「階級闘争が基本路線」から「経済建設を中心」へ、「食べ物も惜しんで革命に励む」から「金銭至上」へ、まさに180度の方針転換を行った。表面から見ると中国共産党は生まれ変わったかのように見えた。同時に国際共産主義陣営の解体に多くの人々は安堵し、共産主義の脅威が消えたと思い込んだ。本当にそうだろうか?



中国社会では、資本主義か社会主義かの定義が人々にとって重要だが、共産邪霊にとってはさほど意味のないことである。本書は繰り返し強調してきたとおり、共産主義は一種の学術でも社会制度でも失敗した模索でもなく、悪魔なのである。その目的は文化を破壊し、道徳をも破壊することによって人類を破滅の道へ追い込むところにある。「共産主義の最終目的は人類を破滅させるためだ」という筋書きに従って分析すれば、複雑な表面現象に惑わされず、邪霊が人類を破滅させるフローチャート(流れ図・機能、作業や操作手順)やマニュアルが浮き彫りになる。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク