マハティール首相がまもなく訪中 「一帯一路事業を諦めたい」中国と交渉へ

マハティール首相がまもなく訪中 「一帯一路事業を諦めたい」中国と交渉へ
マレーシアのマハティール首相(MANAN VATSYAYANA/AFP/Getty Images)

マレーシアのマハティール首相は、8月17日から5日間の日程で訪中して、習近平国家主席らと会談を行う。首相は13日にAP通信のインタビューを受け、訪中の際、前政権が中国と調印した「一帯一路」インフラ事業の中止に関する協議を行うと表明した。中国訪問は5月の首相就任後、初めてとなる。



AP通信のインタビューでは、マハティール首相は中国との友好的な協力関係も保ちたいと明言しながらも、「マレーシアにとって、中国の支援プロジェクトが経済的恩恵をもたらさないと判断した場合、できるなら、これらのインフラ事業をあきらめたい」と示した。



中国主導の広域経済圏構想「一帯一路」が今、窮地に立たされている。昨年、パキスタンやネパール、ミャンマーで中国関与のインフラ整備・建設案が相次いで中止や延期に追い込まれた。今年、マハティール首相は就任した5月中、「契約内容だけでなく、融資率も高く、国益にそぐわない」を理由に、マレー半島高速鉄道などの2つの計画中止を表明した。同計画は、中国が推進するマレーシア最大級のプロジェクトとして、受注攻勢をかけていたマレー半島を横断する「東海岸鉄道」事業である。同計画は、ナジブ前首相の公的資金流用疑惑を抱えている。



かつて、親中ナジブ前首相が「一帯一路」に相乗りし、マレーシアの対中関係を緊密化させていた。2016年末、ナジブ前首相は中国と共同で協定した「東海岸鉄道」(688キロ)と天然ガス・パインライン事業が総経費の200億ドル(約2兆4440億円)超に達した。

あわせて読みたい

「マハティール首相がまもなく訪中 「一帯一路事業を諦めたい」中国と交渉へ」の みんなの反応 12
  • 匿名さん 通報

    共産主義とは、現実と人間を理解できない人間が自分や一部の人々に都合の良いように考え出したもので、論理の出発点が間違っている。共産党を信じて悉く裏切られることは歴史が既に証明している。

    17
  • 匿名さん 通報

    もう手遅れかもね。どんな手を使ってでも己らの野望を叶えようとする中国だ、経済的制裁や軍事的圧力を示唆して脅してくるぞ。威信(面子)を潰されるとブレーキが利かない。

    14
  • 匿名さん 通報

    そのために首相になったようなもんだ。

    8
  • 匿名さん 通報

    中国共産党を潰したらチャラに出来るのとちゃいます?

    3
  • 通りすがり 通報

    チャイナマネーは闇金融の香り

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。