露、ファーウェイ・ZTEの輸入規制を検討 米豪に続き

露、ファーウェイ・ZTEの輸入規制を検討 米豪に続き
米豪両政府に続き、露政府は中国通信大手のファーウェイとZTEに対して輸入規制を検討している(Alexander Koerner/Getty Images)

ロシア政府は、米国、オーストラリアに続き、問題視されている中国通信企業の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の通信設備に対する輸入規制を検討している。



米ラジオ・フリー・アジア(23日付)によると、露紙コメルサント(Коммерсантъ)は20日、政府担当者の話を引用し、同国の通信設備メーカー数社と業界関係者から、ファーウェイとZTEを含む外国通信設備の輸入禁止を提案されたと報じた。



コメルサントの報道では、中国勢がロシア通信設備市場の主要な供給源だと示された。同国通信業界関係者の話によると、2017年ロシア通信設備市場の総規模は2500から3000億ルーブルに達したが、ロシア通信企業が占める市場シェアがそのうちの6%から8%(約150から240億ルーブル)にとどまった。ロシア通信企業の実際の生産能力は市場の80%以上をカバーできるにもかかわらず、現状ではファーウェイとZTEなどの外国勢が市場の大半を占めているという。



また、露ニュースサイト「Akket」は20日、ロシア通信業界が、中国のファーウェイやZTE、スマートフォンメーカーの小米(Xiaomi)などが様々な手法で関税や付加価値税の賦課を回避し、露企業に不公平な競争環境を強いたと批判した、と報道した。



コメルサントによると、メドヴェージェフ首相が通信業界の提言を財務省や産業貿易省など各政府機関に配布し、審議・調査するよう要求した。



一方、日本政府にも米豪両政府に足並みをそろえる動きがある。産経新聞は26日、政府は国家安全保障上の理由で、ファーウェイとZTEについて、国内情報システム導入時の入札から排除することを検討していると報じた。



(翻訳編集・張哲)

あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2018年8月28日の中国記事
「露、ファーウェイ・ZTEの輸入規制を検討 米豪に続き」の みんなの反応 9
  • 匿名さん 通報

    世界がやっと、中国共産党の危険性に、朝鮮半島民族の嘘歪曲捏造に、気付きはじめました。世界からファーウェイ、ZTE、孔子学院、少女像、K国の売●婦を駆除しましょう。

    25
  • 匿名さん 通報

    ロシアにまで愛想を尽かされるとは。もう支那を支持してるのは在だけか。

    19
  • 匿名さん 通報

    ソ連の次は中国や。漢族、満州、チワン族、チベット、ウィグル、内モンゴルがそれぞれ国になった方がいい。

    12
  • 匿名さん 通報

    やっぱりデータのバックドアされてるんだね。

    10
  • 匿名さん 通報

    いま世界のトレンドは、チャイナフリー、コリアンフリー。間違い無い。

    9
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。