諸葛孔明は預言者

諸葛孔明は預言者

諸葛孔明は預言者?



諸葛亮(紀元181年~234年)、字は孔明、劉備の名軍師で劉備を補佐して漢の復興を謀った。劉備は「三顧の礼」を持って、諸葛孔明に「天下三分の計」を教わり、魏、呉、蜀の鼎立時代へ導く。『三国志』全般で「三」という数字が注目されるが、「三」は中国文化の本質に根ざしたものである。



中国では古来より事を成就するのに必要だと言われてきたのが、「天の時」「地の利」「人の和」である。「天、地、人」は世界を形成するものとして「三才」という。三国を考えてみると、曹操が天子(皇帝)を側に抱えて諸侯に命令を下して「天の時」をとり、孫権が地理的に有利なことから「地の利」」をとり、劉備が諸葛孔明を得て「人の和」をとったと考えられる。すなわち三国は「天の時」、「地の利」、「人の和」という三分ともいえる。

老子の『道徳経』には

人法地、地法天、天法道、道法自然。

(人は地を法とし、地は天を法とし、天は道を法とし、道は自然は法とする)

孫子の『孫子兵法』には

一曰道、二曰天、三曰地、四曰將、五曰法、

(一に曰く道、二に曰く天、三に曰く地、四に曰く将、五に曰く法。)

と述べられ、その重要な要素の順番が「天、地、人」になっている。「三国志」でも「人の和」としての諸葛孔明が死んだ後、まもなくして蜀が滅び、次に呉、結果として「天の時」を占めた魏が中国全土を統一する。

正しい例ではないが、二十世紀後半、世界の経済が急成長する時期を「天の時」を占めたと考えれば、天の意向に逆らい、文化大革命などが起こった中国は逆に経済の後退を見せた。その中でも特に急成長を見せた日本などの国が「地の利」を占めたとすれば、急成長の時代には有能な企業家ではなくても事業に「地の利」にのって成功するケースが多かった。現在、日本で最も唱えられているのは「人の和」即ち「人材」である。

知謀を駆使して強大な曹操軍を翻弄した諸葛孔明は現在でも抜群の人気を誇っている。諸葛孔明は奇怪な衣装に身を包み、宇宙の神秘を滔々と語るとも言われるが、実に道家出身の修煉者であった。

諸葛孔明は諸侯の情況をよく知り、色々な人の心理をよく利用していた。しかしながら当時は現在のように、テレビがあって、有名人の顔をみることも不可能で、天下の情勢に精通した諸葛孔明の学識は不思議なところがある。そこで諸葛孔明の経歴を考えてみる。

諸葛孔明は若い時に、穎川の石廣元、徐元直、博陵の崔州平、汝南の孟公威等と交友し、遊学した。当時、天文学に造詣がある殷馗という人があったが、殷馗は星の群れが穎分に集まり、異常に明るいのをみて、そこに大賢人がいると思い、遊びにきたところ、孔明と友人たちが殷馗を訪ねた。殷馗は「星群の兆しは皆さんのことだったか」と感嘆し、占星象(天文学)を皆に教えた。孔明は一カ月後、殷馗の教えを理解できた。

諸葛孔明と友人五人は司馬徽が見識ありと聞き、訪ねることになった。司馬徽は人相をよくみると伝わっているが、孔明をみた途端、「臥龍」と呼んだ。司馬徽は孔明の才能に感激し、ひそかにあなたの才能ではまた明師に学ぶべきだといって、鄷公玖に師事することを薦める。司馬徽は公玖に孔明を紹介した。諸葛孔明が公玖に弟子入りしてから一年経っても、鄷公玖は忘れたように、孔明に何も教えなかった。孔明は焦らず、怒らず、さらに懸命に鄷公玖のことを手伝う。実際、公玖は孔明の人格を観察していた。やがて鄷公玖は《三才秘籙》、《兵法陣圖》、《孤虚旺相》を出して、孔明に渡す。孔明は百日間研究した後、返した。鄷公玖は驚き、短時間で、孔明が理解できたことに不思議に思い、テストしてみたら孔明が完全に理解できたので、さらに驚く。そこで鄷公玖は諸葛孔明に「五つの龍」の説を教えた。

鄷公玖は「秦漢の時,五龍が現れたが、嬴秦が白龍、呂秦が黒龍、項王が蒼(青)龍、漢高祖が赤龍、孝文帝が黄龍である。光武帝が膺赤伏の符,故に両漢は黄赤である。現在、漢が終焉に向かおうとして、火土が死に瀕している。焰のあまりがあってまだ滅亡はしない。回復するに西に向かい、稟金なりて王となる。獅兒孫堅は土の徳にのって、江左で業をなす。火と土の仇は水になり、曹氏が北方を安定し、木が水に続き生れる、その子が青龍の兆候を見せている。火が木を襲撃して王となる。その後、二火の讖となる。(注:二火,炎字なり。司馬炎の奪權を指す。)」という。

諸葛孔明が「今の世は乱世だから、志を養い、道を楽しむほうがいいですね。」と話すと、鄷公玖は「あなたのように才能のあるものが民を救わなければ、仁の心といえない。劉備は漢の皇室の出身なので、あなたが輔佐すれば、王業が成り立つ。」と説明した。

孔明が繰り返し、關羽、張飛たちのことを聞くと、鄷公玖は「關羽は解梁の老龍,張飛は涿州の玄豹、趙雲は常山の巨蟒、縻竺は東海の壽麋、龐統は襄陽の鳳雛、黄忠は長沙の虎母、馬超は西涼の駒子、姜維は天水小龍、皆優れた補佐官だ。」と言いながら、しばらく考えた後、「南郡に武當山があるが、山には二十七峰があり、天柱、紫霄二峰の一番高い峰の間に一人の北極教主が住んでいる。琅書金簡玉冊靈符を持っているが、すべてが六甲秘文、五行道法である。あなたは「兵陣」だけ学んだから、神通術類を知らないので、将来左道に難儀するので、私が武當山に連れて行く。」といい、二人は武當山に行った。やがて、諸葛孔明は北極教主に師事して太極、陰陽、八卦、五行、奇門、遁甲とを学んだ。

...続きを読む

あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2018年9月18日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。