インド、韓国 5G通信で中国ファーウェイとZTE拒否 米豪に次いで

インド、韓国 5G通信で中国ファーウェイとZTE拒否 米豪に次いで
中国深センにある通信大手ファーウェイ(HUAWEI、華為)社屋と横切る人々 (Aaron Tam/AFP/Getty Images)

次世代の無線通信技術5Gは、製造、医療、輸送などあらゆる業界に革命を起こす重要な最新技術だ。経済活動に欠かせない技術になるとみて、各国は早期の設置を急いでいる。同時に、大手通信企業の市場占有レースも始まっている。



中国は国家政策で5G展開と世界市場参入を明記している。製造大国を掲げた「中国製造2025」にも、5Gの積極導入が書かれており、第13次5カ年計画(2016-2020)にも「5G技術と超高速通信技術を積極的に推進し、5Gの商業化を急ぐ」と記している。



いっぽう、中国共産党と人民解放軍との背景を持つファーウェイとZTEの導入拒否を決める国は増えている。



インド通信省は9月17日、中国通信大手ファーウェイ(Huawei、華為)とZTE(中興通訊)を5Gネットワ​​ーク機器のサプライヤー候補から除外したと発表した。



印英字紙エコノミック・タイムスの取材に答えた、インド議会のアルナ・サンドララジャン電気通信委員長は「セキュリティの問題という敏感さを考慮し、政府機関で中国メーカ機器の取り入れを制限する動きが増えている」と述べた。



インド国内の通信関連業は、中国を除いた、世界の主要な通信大手と契約している。米国シスコ(cisco)、韓国サムスン(Samsung)、スウェーデンのエリクソン(Ericsson)、フィンランドのノキア(Nokia)など。



8月23日、オーストラリア政府は、ファーウェイとZTEを、予定されている5G関連事業を請け負う企業の候補から除外すると発表した。理由は「オーストラリア人の情報と通信の安全を常に守るため」だと説明している。米国では、ファーウェイが政府事業に入札することは禁止されている。5月、米国防総省は米軍兵士らの安全を守るために、ファーウェイとZTEのスマートフォンを基地に持ち込むのを止めるよう指示している。

...続きを読む

あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2018年9月19日の中国記事
「インド、韓国 5G通信で中国ファーウェイとZTE拒否 米豪に次いで」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    中国製スマホ使っている人は気をつけてネ!情報を盗む可能性を心配してるみたい。

    13
  • 匿名さん 通報

    日本政府も明確な対策を出して、中華スマホ・タブレットを入国拒否して

    12
  • 匿名さん 通報

    サム○ン、L○もね。

    8
  • 匿名さん 通報

    今は情報が金になるからね。便利って言葉に釣られて金払って貢ぐ馬鹿国民は日本だけ。

    6
  • 匿名さん 通報

    世界の民主国家は、集会・結社・表現の自由、検閲の禁止、通信の秘密が常識 グレートファイアウォールがある彼の独裁国家は、それと正反対 もう世界中が協力して、cnドメインを遮断すればいいんだよ

    5
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。