中国第一の名将、韓信(3)

中国第一の名将、韓信(3)
韓信像(大紀元)

 



この記事は 中国第一の名将、韓信 (2)の続きです

劉邦、功臣を罪に陥れ殺害



「楚漢(そかん)の戦い」の中で、劉邦(りゅうほう)は人材を集めるために項羽(こうう)と決戦することにし、功労のあった人に賞を授けることにした。例えば、張耳(ちょうび)を趙王(ちょうおう)にし、黥布(げいふ)を淮南王(わいなんおう)にし、臧荼(ぞうと)を燕王(えおう)にし、信を韓王にするなど。韓信(かんしん)も斉国(さいこく)を攻め落としてから、斉王を授かった。しかし、項羽が攻め落とされてから、心の狭い劉邦は口実を使って韓信の軍事権力を奪おうとし、韓信を斉王から楚王に変えた。さらに、西漢が創建されてから、韓信が反乱を企んだと無実の罪を着せた。劉邦は南方・游雲夢(ゆううんむ)を抑えつける口実で陳平(ちんぺい)と結託し、諸侯との面会を求め、韓信を拘束しようと企んだ。韓信は知らずに劉邦に謁見した。韓信はその場で拘束され、後に淮陰俣(わいいんま)に降格させられた。

鋸鹿守(いろくしゅ)・陳豨(ちんき)が反乱した時期に、韓信のもとにいる居俣(いま)は韓信の気に触ったことから拘束された。そこで、その弟は復讐しようとして、韓信が反乱し呂后(りょこう)を襲撃すると誣告(ぶこく)した。それを聞いた呂后は蕭何(しょうか)と共謀し策略を操り、反乱した陳豨が鎮められたと偽情報を流し、諸侯と群臣に祝賀の儀式に参加するよう通達した。韓信は無防備に祝賀の儀式に着いたときに、呂后に派遣された武士に拘束された。韓信は長楽宮(ちょうらくきゅう)で殺害された上、一族も皆処刑された。

司馬遷(しばせん)も「史記」の中で、韓信のもとにいた居俣の弟の韓信に対する誣告は、まったく事実無根として冤罪であると示した。秦檜(しんかい)が「でっち上げ」の罪名で岳飛(がくひ)を陥れたのも歴史上の大きな冤罪事件だというのは周知の通りで、劉邦、呂后などが韓信を殺害したことも同様に永遠の悲劇で冤罪事件として残った。

...続きを読む

あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2018年10月11日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。