アフリカ最貧国シエラレオネ新政権 中国融資での新空港建設を拒否

アフリカ最貧国シエラレオネ新政権 中国融資での新空港建設を拒否
シエラレオネのジュリアス・マダ・ビオ大統領(TIMOTHY A. CLARY/AFP/Getty Images)

アフリカの発展途上国シエラレオネ政府は10月10日、国の経済規模を超え、中国から4億ドル(約450億円)の融資を受け建設する予定だった、空港プロジェクトを破棄したと発表した。



ジュリアス・マダ・ビオ大統領は、前政権で計画された首都フリータウンでの新たな空港建設案の必要性が認められず、国民の多くは基本インフラや教育、福祉医療を必要としていると述べた。



中国は、連携国へのインフラ整備事業「一帯一路」構想に基づき、アジアやアフリカの途上国に高額な融資を負わせ、政治的影響力を拡大している。資金は中国政府系ファンドが融資し、労働者や建設事業は中国が請け負う。現地経済に寄与するものが少なく、現地権力者らの腐敗を生み出すとして「債務トラップ外交」と呼ばれている。



こうした一帯一路のインフラ計画は、キャンセルが相次いでおり、シエラレオネはその最新例となった。前政権アーネスト・バイ・コロマ大統領は、3月の政権交代前に、中国との融資契約を結んだ。



現地放送、シエラレオネ・テレグラフによると、空港建設の資金はすべて中国が融資し、中国企業が建設し、空港管理権限も中国側が担うことになっていた。



国際通貨基金(IMF)は、この空港プロジェクトの財政的な危うさに警告を発していた。西アフリカ地域は観光客の来訪を歓迎しているものの、すでにIMFは、シエラレオネ政府と2億ドル(約220億円)の融資契約を結び、首都フリータウンにある空港の拡張工事計画を約束していた。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

大紀元時報の記事をもっと見る 2018年10月11日の中国記事
「アフリカ最貧国シエラレオネ新政権 中国融資での新空港建設を拒否」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    一帯一路からどんどん離脱しよう。

    18
  • 匿名さん 通報

    中国の覇権主義が露骨過ぎて下品で秩序を乱している。中国は世界に浸食するウンコだ。

    14
  • 匿名さん 通報

    良く思い留まったねぇあ… 中国の狙いは借金を抵当にした占領だからね… 気づいた頃には治外法権の軍事基地ができてたよ

    6
  • 匿名さん 通報

    スリランカに大恩がある日本でも、これを助けるのは容易じゃ無いな

    5
  • 匿名さん 通報

    良い傾向だ。いい加減どの国もみんな中国の狡猾さに早く気付け!

    5
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。