「職業訓練だ」中国、新疆ウイグルの収容施設を合法化

「職業訓練だ」中国、新疆ウイグルの収容施設を合法化
2017年4月、施設内で「再教育」を受ける収容者たち(新疆ウイグル自治区司法当局の微信アカウントより)

新疆ウイグル自治区人民代表大会常務委員会は9日、「極端化を除去する条例」の改正案を発表した。改正案では、ウイグル人を収容する施設を「職業訓練センター」と位置づけた。新疆では、中国共産党政府が建設した隔離施設に100万人以上が拘束されていると報じられ、国際的な批判が相次いでいる。今回の改正案は批判をかわす狙いがあるとみられる。



改正案には、国の反テロ法や宗教法に基づき「過激な宗教思想、分離主義を取り除き、市民の正常な生産活動と生活、言論を保つ」と記した。



ウイグル人の生活習慣も制限された。民族衣装「ブルカ」とベールを着用する者、ヒゲをはやす者、そして子どもに国の教育を受けさせない者は「極端分子」と見なされ、「法に基づいて」施設で思想改造を受けると、定められた。



同条例は2017年に定められたが、9日に可決した改正案で、収容施設の役割は職業訓練センターであるという内容が新たに追加された。具体的に「職業訓練もかねる教育を施す。収容者は国の公用語を勉強し、思想教育、心理と行動の矯正を受けることによって、極端化を除去する」という。



海外のウイグル組織や人権団体によると、当局の「過激派、分離主義、テロリズムと闘う」の名目で、100万もの市民が収容施設に拘束されているという。



ラジオフリー・アジア(RFA)は10月6日、収容施設で働く警備員にインタビューした。そこでは、収容者たちは「なぜ自分が再教育を受けなければならないのか」と問い詰め、思想改造を受けているという。また、施設内には監視カメラが設置され、収容者同士が会話することや、行動が、厳しく制限されている。

...続きを読む

あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2018年10月12日の中国記事
「「職業訓練だ」中国、新疆ウイグルの収容施設を合法化」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    さすが共産主義… 習近平の脳細胞はポルポトと同じじゃん… 時代錯誤で指導者って呼べるレベルじゃ無いね

    4
  • 匿名さん 通報

    それは当たり前。ポルポトの師匠は毛沢東。習近平が尊敬しているのも毛沢東?。 収容者は国の公用語を勉強し職業訓練もかねる教育を施す←共産党政権になって70年 今までなにを教育してきたのだ

    3
  • 匿名さん 通報

    やっぱ真面な国じゃなかった。迎合したら絶対いけない国だな。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。