韓国で観測されるPM2.5、中国由来が主 多くて8割=韓国気象専門家

韓国で観測されるPM2.5、中国由来が主 多くて8割=韓国気象専門家
2014年11月、大気汚染でかすむ韓国ソウル(ED JONES/AFP/Getty Images)

朝鮮半島は冬季に差し掛かる秋に、中国からの大気汚染の影響を被る。韓国では10月中旬からPM2.5の濃度が高くなり、一部の人には長時間の屋外活動の停止を推されるレベルに達した。韓国の気象学者によると、滞留するスモッグは国内由来だが、偏西風にのり流れてきたスモッグは主に中国からだとしている。



ラジオ・フリーアジア(RFA)によると、夏を終えてすぐ、韓国の多くの都市では、白い雲と青空を眺めることのできる秋らしい晴れ日が続いた。北部の南山テレビ塔からは、南北境界線である38度線が確認できるほどだったという。



ソウルでは10月初旬まで、微細粉じんPM2.5などを計測する大気質指標(AQI)は8にとどまっていたが、中旬に差し掛かり35に急上昇。16日には、子供や高齢者、心臓や肺を患う人が長時間の屋外活動の停止を推される150を超えた。同期の北京の200ほどではないが、ソウルでは大気汚染による不快感を感じる人が増えているという。



あるソウル市民は韓国連合ニュースに対して「このところ天気は良かったので、マスクをつけることもないと思ってましたが…」と残念そうに述べた。



韓国国立環境科学院によると、スモッグは毎年11月から5月まで続く。同院は昼夜の寒暖差により引き起こされる大気の停滞と、偏西風にのって流れてくる中国由来のものだと説明している。



同院は、停滞する大気汚染は韓国から発生するもので、石炭火力発電、自動車や工場の排出ガスなどが原因としている。ソウルでは2018年3月、観測史上最悪のPM2.5を記録した。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2018年10月18日の中国記事
「韓国で観測されるPM2.5、中国由来が主 多くて8割=韓国気象専門家」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    韓国らしい、何でも他人のせい・・

    8
  • 匿名さん 通報

    では、韓国式のごあいさつ 大気汚染お祝い申し上げます。 いつも災害時には、たくさんの祝辞を頂き 日本人の死者数が少ないと、嘆いていらっしゃいましたね。 ほんのささやかな返礼です。 お納めください。

    5
  • 匿名さん 通報

    中国に謝罪と賠償を要求しないの?

    4
  • 匿名さん 通報

    韓国のPM2.5は、朝鮮半島のサバの塩焼きが悪かったんじゃないのか?

    3
  • 匿名さん 通報

    フォルクスワーゲンとBMWの排ガスのせいだろ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。