スイス、人体標本展を中止「法輪功学習者の可能性」倫理団体から苦情

スイス、人体標本展を中止「法輪功学習者の可能性」倫理団体から苦情
2017年11月、イタリアのセビリア市で開催された人体標本展「ボディ・ワールド」の展示作品(CRISTINA QUICLER/AFP/Getty Images)

スイスのローザンヌで10月19日から開かれる予定だった人体標本展について、市当局は中止を決めた。倫理団体は、展示遺体が法輪功学習者を含む中国の囚人である可能性が高いとして、苦情を申し立てていた。



ローザンヌのコンベンションセンターで開かれる予定だった人体展覧会「リアル・ヒューマン・ボディーズ」は、生物を半永久保存できる技術(プラスティネーション)で加工された、実際の人体が使用されている。これまでオランダ、ベルギー、スイス首都ベルンで巡回展示会が開かれた。



展示会中止は、キリスト教団体「拷問と死刑廃止のためのキリスト教徒行動(ACAT)」が苦情を申し立てたことによる。ACATは、展覧会で使用された遺体は拷問で死亡した、あるいは死刑執行された中国の囚人や、中国共産党政府が非合法化し、拷問を伴う弾圧を受けている法輪功のメンバーである可能性が高いと主張する。



ACATの申し立てに続き、ベルン市およびローザンヌ市当局は展覧会主催者側に、展示遺体の出所証明書と、標本となった人物本人あるいは家族からの展示同意書を提出するよう求めた。しかし、主催者側が提出しなかったため、ローザンヌ市は中止を決めた。



スイスメディア・24時間によると、スイスの人体標本展に関わった人物は「すべての証明はある。人体は米国からの献体だ」と述べたという。しかし、証明提出には至らなかった。



倫理疑問引き起こす人体展 遺体は誰なのか



人体展主催者からは、出所や本人や家族からの展示への同意証明書が提出されなかった。「多くのことがわからず釈然としない」とローザンヌ市議会議員ピエール=アントワーヌ・ヒルドランド氏は現地紙に述べている。

あわせて読みたい

「スイス、人体標本展を中止「法輪功学習者の可能性」倫理団体から苦情」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    やはりな。日本でやった時は「なんて悪趣味な展覧会だ!絶対興味本位で行くな!」と周囲に言った。明らかに中国人死刑囚人のものだろうと分かるからだ。今、それが間違ってなかったと思う。

    3
  • 匿名さん 通報

    北朝鮮に依頼したらたくさん提供してくれるぞ。

    1
  • 匿名さん 通報

    死者への冒涜。人倫に反する。狂気の世界。最悪。

    0
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。