新疆ウイグルの収容所は「民族浄化を隠す場所」国内外に広がる弾圧

新疆ウイグルの収容所は「民族浄化を隠す場所」国内外に広がる弾圧
ウイグル族でカナダ在住ラビヤ・ムハンマドさんは、2018年2月から4カ月間、新疆ウイグル自治区で母親(65)が拘留されたと述べた。写真は、カナダ旅行の母親を迎えたラビヤさんと子供たち(提供写真)

第二次世界大戦以来、少数民族に対する最大規模の収容所と形容される、中国共産党による新疆ウイグル自治区の収容所。大紀元は、出所者やその家族から、所内での経験を聞いた。実名で海外メディアに収容所内の実情を明かす男性は最近、行方不明となっていた父親(78)が収容所内で死亡したとの知らせを受けた。国内の家族を脅し、国外にいるウイグル族の口を封じる狙いがある。



刑事裁判もなく弁護士への依頼も許可されず 罪も刑期も不明



 

2007年、新疆ウイグル自治区トルファンからカナダのカルガリーに移住したラビヤ・ムハンマドさんは、2018年2月から4カ月間、母親(65)が拘留されたと述べた。母親は4年半前、娘と孫に会いにカナダを訪問した。



「きっと彼ら(中共当局)は母の海外旅行を知って、母親を連れて行ったのです」。母親の姉(70)と弟も拘束されているという。母親の弟は、自宅にいたところ、頭に黒い袋をかぶせられ連行された。



新疆カシュガル生まれの米国博士タヒル・イミン(38)さんは大紀元に対して、中国共産党は海外に渡航するものを「社会の脅威」と捉えていると語った。「海外渡航者に中国共産党の過ちを知られてしまうと考えているからだ」



イミンさんによると、拘留された人々のための刑事裁判は開かれることなく、どのような「容疑」なのかも当局から説明はない。罪も刑期も分からない。また、異議を申し立てることも、代理人である弁護人を立てることも許可されないという。

あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る
「新疆ウイグルの収容所は「民族浄化を隠す場所」国内外に広がる弾圧」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    沖縄も近いうち浄化されるかもねwww

    9
  • 匿名さん 通報

    新疆とは = 新しく征服した土地って意味なんです。恐るべしチナ狂産党!!

    3
  • 匿名さん 通報

    早く、新疆朝鮮自治区の樹立を宣言してくれ! そして在日韓国朝鮮人と、帰化した朝鮮人を強制収容してくれ!

    2
  • 匿名さん 通報

    デタラメな文書

    0
  • 匿名さん 通報

    対馬、佐渡島、沖縄、、、チナ人・チヨン人を早く駆除しましょう。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。