人民元1ドル=7元大台が目前に、急落阻止に外貨準備を活用か

人民元1ドル=7元大台が目前に、急落阻止に外貨準備を活用か
中国人民元は、30日のオンショア市場(CNY)で対ドルで一時1ドル=6.9724元まで下落し、10年ぶりの安値を付けた(大紀元資料室)

中国人民元対ドルの下落が加速化している。30日のオンショア市場(CNY)で、元は対ドルで一時1ドル=6.9724元まで下落し、10年ぶりの安値を付けた。同日のオフショア市場(CNH)では、元は1ドル=9.96元台を割り込み、取引を終えた。市場関係者は、元は1ドル=7元との心理的大台までの下落が現実味を帯びてきたと認識している。



中国人民銀行(中央銀行)は31日、元の対ドルでの基準値を1ドル=6.9646元に設定した。基準値として、2008年5月以来の安値水準。



中国メディアの報道によると、人民銀行の盛松成・参事は30日、元相場の安定化を図るため、必要な場合は外貨準備を活用すると述べた。盛参事は8月3日に、1ドル=7元台は元相場の重要な心理的節目と強調し、「7元台まで下落させない」と話した。



中国経済学者の鄧海清氏は今年6月、米中貿易戦の激化、米中金融当局の政策の相違、ドル高という現状では、中国当局は、外貨準備の活用を避けたほうがよいと指摘した。中国紙・証券日報は6月、鄧氏の評論記事を掲載した。鄧氏は、元は1ドル=7元台まで下落する可能性が高いと主張した。



中国経済に大きな影響を与える外貨準備を活用すれば、中国の外貨準備高は一段と減少する見通しだ。人民銀行は10月7日、今年9月末まで中国の外貨準備規模は3兆870億ドルで、8月末から227億ドル減少すると発表。14カ月ぶりの低水準となった。



中国の外貨準備は2014年ピーク時の3兆9900億ドルから激減した。原因は、2015から16年まで、中国当局は元の大幅な下落を阻止するために、オフショア市場で頻繁に為替介入を行ったことにある。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2018年10月31日の中国記事
「人民元1ドル=7元大台が目前に、急落阻止に外貨準備を活用か」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    元々安い通貨。1ドル10元まで下がれ。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。