インドで愛される法輪大法 学校教育にも取り入れられる



2001年12月30日、インド紙「デカンヘラルド(DECCAN HERALD)」では、早くも法輪大法がインドで歓迎され、広がり始めていると報じた。



2007年6月13日、インド紙「デカンクロニクル(Deccan Chronicle)」は、法輪功の無料功法伝授クラスは人気を博していると報じた。



バンガロールは650万の人口を有するインド第3の都市であり、インドで最も多くの法輪功学習者がいる都市でもある。バンガロールでは80以上の学校で法輪功が習われており、体育の授業でも取り入れられている。



バンガロールにある学校Byreshawaraでは英語の教材の中に、法輪大法の主要著作である「転法輪」の初めにある「論語」が取り入れられ、教科書の最初に置かれている。「転法輪」は40数カ国語に翻訳され、世界中で出版されている。



インドで愛される法輪大法 学校教育にも取り入れられる

Byreshawara学校の教材では法輪大法の著作が取り入れられている(明慧ネット)

インドで愛される法輪大法 学校教育にも取り入れられる

法輪功を練習する学生たち(明慧ネット)

(翻訳・文亮)

あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2018年11月1日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。