台湾・歴史文化にふれる旅@茶藝編

先でショッピングして歩き疲れた時、おいしい料理を前にしてつい我慢できずに食べ過ぎた時、お茶を味わう場所「茶藝館」で大人のティータイムをもつのはいかがでしょうか。その際に、知っておくと役に立つ知識を紹介したいと思います。



 



台湾・歴史文化にふれる旅@茶藝編

台中・無為草堂

 



淹れ方(3人~5人分)



家にある日本茶用の急須でも代用できますが、サイズが大きいとお湯が冷めてしまい、茶葉の味が抽出されません。烏龍(ウーロン)茶は熱湯でじっくりと茶葉を開かせるのが基本。烏龍茶専用の急須はこぶし大の大きさで、熱を逃がさず、茶葉の味をちょうど良く引き出してくれます。




  • 烏龍茶用の急須に茶葉(丸い粒を5、6粒くらい)を入れ、熱湯を注ぎます。この時、高い位置から注ぐと、湯の中で茶葉が踊り、お茶がよりおいしくなるといわれています。

     

  • 湯を急須いっぱい注いだら、ふたをして1分20秒くらい待ちます。その時、急須の温度が冷めないように、急須の上からお湯をかけると茶葉の味が引き立ちます。濃い味にしたいときは上から熱湯を多めにかけると良いです。開いた茶葉が急須の底の三分の一を占めたら、適量です。

     

  • お茶の濃さを均一にするために、いったん別の容器(茶海と呼ばれる)に注ぎます。

     

  • 茶海のお茶を、それぞれの湯飲みに注ぐ。急須に残った茶葉は、4~5回は飲めるので、熱気を逃がすために必ずふたは開けておくこと良いです。

     

  • 2回目のお茶を淹れる時は(2回目が一番おいしいです。)、茶葉が完全にひらいた状態なので、味が少し濃くなります。2回目も、熱湯を茶葉に浸して1分30秒くらい待ちます。

  • あわせて読みたい

    大紀元時報の記事をもっと見る 2018年11月1日の中国記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    中国ニュースアクセスランキング

    中国ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    海外の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    このカテゴリーについて

    中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。