中国政府、サイやトラなど絶滅危惧種の漢方使用を許可 動物保護団体は非難

中国政府、サイやトラなど絶滅危惧種の漢方使用を許可 動物保護団体は非難
税関当局により押収された動物の一部を使った違法製品、参考画像(大紀元資料)

中国国務院は10月30日、漢方薬の原料になるトラの骨やサイの角を使用することを許可すると発表した。国際的な動物擁護者たちは、絶滅危惧種への保護意識が低く「希少動物への死刑に値する」として強く非難している。



国務院の声明によると「サイの角やトラの骨は、重病および難病の医学研究や臨床治療に需要がある。動物園での繁殖を除く人工繁殖したサイやトラは、適正な病院で資格のある医師により処理される」という。



中国政府は1993年にトラの骨とサイの角を流通・取引することを禁止しているが、このたびの声明は法令を覆した。



サイの角とトラの骨は、中国漢方で薬用効果があるとされている。また、富裕層には長らく装飾品として好まれてきた。



国務院は声明で、サイとトラの製品の違法取引は「厳しい処罰を受け、違法な製品は没収される」と警告している。



この決定の1年前、中国政府は公式に象牙の取引を禁止した。環境保護専門家は中国の絶滅危惧動物保護が前進していると考えていたが、この度の決定に大きく失望させられた模様。



アフリカ野生動物保護財団(AWF)の科学研究代表フィリップ・ムルティ博士は、この中国の新しい規則は、違法製品が法的に販売され、消費者の需要が増加する恐れがあると懸念を示した。



AWFによると、サイの角の密猟により毎年1000頭以上が死亡している。さらに、トラの骨の代替としてライオンの骨の需要が高まっており、ライオンの生態も脅かされているという。


あわせて読みたい

気になるキーワード

大紀元時報の記事をもっと見る 2018年11月1日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。