中国住宅価格が下落 値引き販売に抗議デモ頻発

中国住宅価格が下落 値引き販売に抗議デモ頻発
中国国内ではこのほど、不動産業者の住宅値引き販売に対して、各地の住宅所有者が抗議した(MARK RALSTON/AFP/Getty Images)

中国当局と国内民間調査会社の発表では、中国の住宅価格が下落している。一部の都市では、住宅販売業者は販売促進のため、住宅販売価格を約3割値引きした。上海、アモイなどで、高値で住宅を購入した一部の市民が値下げに抗議した。



中国メディアによると、上海易居不動産研究院は10月26日、調査対象となる100都市において、新築住宅成約平均価格の前年比の伸び率は14カ月連続で低下したと発表した。また、同研究院の最新調査書によれば、100都市のうち、住宅価格が前月比で下落した都市は2カ月連続で増えた。9月には31都市で住宅価格の下落を観測した。



国家統計局は10月20日、9月の70大中都市商品住宅販売価格変動状況を公表した。これによると、9月の中国大都市住宅価格は前月比で下落し、中小都市の住宅価格の上昇幅も縮小した。



当局の不動産価格抑制措置の強化、米中貿易戦争による国内景気鈍化などが背景にあるとみられる。



いっぽう、需要低迷、在庫増加と資金難に頭を抱える不動産業者が、販売促進のため値下げに踏み切った。これに抗議して、中国各地で住宅所有者によるデモが相次いだ。



10月初めの大型連休中、不動産業者は、上海市にあるマンション分譲住宅「恵南碧桂園南郡プロジェクト」の販売価格を、1平方メートルあたり3万5000元(約57万円)から2万6000元(約42万円)に値下げした。この突然の値下げに、すでに同物件を購入した所有者は不満を噴出させ抗議活動を行った。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2018年11月1日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。