中国 国際航空博覧会でワイドボディ機を公開、露企業「恥知らずの盗用」



中国当局は2年一度の宇宙航天博覧会を通じて、軍事力とハイテク技術力を国内外に誇示する狙いがある。しかし、海外メディアは相次いで、中国企業が海外企業の技術を盗用したと疑いの目を向けた。



産経新聞は5日、同博覧会で公開された中国の最新鋭ステルス無人機「彩虹-7」が米の無人艦載機の試作機「X-47B」と酷似していると指摘した。



米司法省は10月30日、中国情報機関の工作員とサイバー攻撃に関わるハッカー10人を起訴した。同省は、中国の工作員らはハッカーと共謀し、欧米企業のネットワークにサイバー攻撃を仕掛け、商用ジェット機のターボファンエンジンの技術を盗もうとしたと非難した。



(翻訳編集・張哲)

 

あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2018年11月9日の中国記事
「中国 国際航空博覧会でワイドボディ機を公開、露企業「恥知らずの盗用」」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    ついに、お仲間ロシアの技術まで盗むとは。プーチンよ、満州に侵攻せよ。

    7
  • 匿名さん 通報

    中国が”恥知らず”だったと知らなかったロシアは”知恵足らず”、と世界の笑いもの

    4
  • 匿名さん 通報

    身内争いを偽装して西側の油断を誘おうとしてる?

    3
  • 匿名さん 通報

    プーチンがプチーン!

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。