「独身の日」セールで取引総額5.1兆円 不当な割引表示で多くは「値下げされていない」か

中国では11月11日は「独身の日(双11)」と呼ばれ、大型ネットショッピングデーとなっている。中国の各ECサイトの取引総額は5.1兆円で、日本の年間電子商取引(EC)規模に匹敵する取引額だ。



中国の統計研究企業・星図数据(Syntum)は大手EC4サイトの独身の日セールの取引総額を発表している。天猫が2135億元(約3.5兆円)、京東が543億元(約8800億円)、蘇寧が148億元(約2400億円)、アマゾンが72億元(約1200億円)で、合計3143億元(約5.1兆円)に達した。京東は自社発表の数値は大きく異なり1598億元(約2.6兆円)としている。



「独身の日」セールで取引総額5.1兆円 不当な割引表示で多く...の画像はこちら >>

2018年11月11日独身の日セールの売上について分析を発表した、北京の統計会社・星図数据(Syntum.Ltd)

パスワード入力よりも早い手続きを可能にした、顔や指紋など生体認証で決済処理は取引を後押ししている。アリババによると、同社の電子決済システム・アリペイは独身の日セールのピーク値で毎秒17.8億回の処理を行っており、その6割が生体認証だという。



前夜に価格つり上げ、セール当日に引き下げて 値下げ幅を偽造



 

報道によると、京東に出品されているあるブランド寝具は通常価格229元のところ、独身の日セールの直前に379元につり上げ、セール期間中は再び249元に引き下げて「35%OFF」をうたっていた。



このように、セール幅を強調するために、淘宝や京東などECサイトの出店店舗はセール直前に製品を通常価格から2倍近く値をつり上げ、セール日に再び引き下げるという操作が行われている。


この記事の画像

「「独身の日」セールで取引総額5.1兆円 不当な割引表示で多くは「値下げされていない」か」の画像1 「「独身の日」セールで取引総額5.1兆円 不当な割引表示で多くは「値下げされていない」か」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「独身の日」に関する記事

「独身の日」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「独身の日」の記事

次に読みたい「独身の日」の記事をもっと見る

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク