渡河の遅れが良縁を結ぶ

渡河の遅れが良縁を結ぶ
『新刊古列女伝』挿絵(パブリック・ドメイン)

春秋時代の一国、晋(しん、紀元前11世紀 – 紀元前376年)に度胸と優れた見識を持った娘がいた。彼女は娟(えん)といい、河津吏(河の渡し場役人)の娘であった。娟は父の命を救ったばかりでなく、晋国趙家の当主・趙簡子と素晴らしい縁組を結んだ。



趙簡子(趙鞅、ちょうおう ?―紀元前476年)は晋の政治を取り仕切っていた。ある年、晋の大軍が楚(そ)へ出征する際、埠頭(ふとう)業務の責任者であった娟の父が酒に酔い、大軍が河を渡る時間を遅らせてしまった。趙簡子はたいそう怒り、河津吏を斬罪にするつもりでいた。娟は怖くなり、父親を船に乗せて逃走しようと考えた。娟を見かけた趙簡子は、「何をそんなに急いでいるのだ?」と声をかけた。



娟は、「私は河津吏の娘でございます。父の話によりますと、当主様が河を渡ろうとされるときに突風が起きてしまい、水の神が驚いてしまいました。心配した父は、水の神様にお供え物をして、当主様のご無事を願っていたそうでございます。ところが残った『お神酒』を飲んでしまったところ、酔ってしまったのです。当主様は父を殺そうと考えていらっしゃるのでしたら、私が代わりに死罪を受けとうございます」と説明した。



話を聞いた趙簡子は、「これはけっしてお主のせいではない」と言った。



「当主様は父が酒に酔ったことで殺すつもりかもしれません。私は父が何の罪かも知らずにいるのが、もどかしく心が痛むのです。もし父が何の罪で死刑になるのかを知らされなければ、罪のない人を殺害するに等しいのです。父が酔いから醒めるのを待って、自分の落ち度を知らされてから死罪にしていただけないでしょうか」と娟が述べると、趙簡子は娟の言うことにも道理があると思い、河津吏を一時解放した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

大紀元時報の記事をもっと見る 2018年11月24日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「行政」のニュース

次に読みたい関連記事「行政」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。