改革開放40周年、中国人学者「改革はすでに失敗した」

中国の習近平国家主席(共産党総書記)は18日、改革開放40周年大会で演説し、改革開放政策を継続すると述べた。1時間半に及ぶ演説のなか、習主席は「改革で、変えるべきもの、また変えられるものをわれわれは決意をもって変えていく。しかし、変えてはいけない部分、変えられない部分を決して変えない」と発言した。「変えてはいけない部分とは何か」について憶測が飛び交った。



産業経済研究家で企業経営者の胡力任氏は大紀元で、「『変えてはいけない部分』は社会主義専制を歩むことと一党専制を指しているだろう」と述べた。



中国当局が改革開放40周年を大々的に祝ったことに対して、中国世論は改革開放に悲観的で、「改革開放はすでに終わった」との見方が広がっている。



豪シドニー工科大学の馮崇義教授は、「改革開放について、自由派や改革派学者らの間には、『すでに終焉した』という共通認識がある」と示した。



米ラジオ・フリー・アジア(RFA)18日付によると、歴史学者の章立凡氏は「改革開放はもはや失敗している。これを言い出せる人がいないだけだ」と話した。



章氏によれば、改革開放提唱者の鄧小平は「経済体制の改革だけを行い、政治体制を変えなければ、経済体制改革自体も行き詰まるだろう」と発言していたという。



中国当局は長年、政治体制改革の必要性を主張した。しかし、改革は行政体制改革に限り、政権を担う与党(中国共産党)への監督は言及されなかったうえ、真の選挙も実施されていない。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「習近平国家主席」に関する記事

「習近平国家主席」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「習近平国家主席」の記事

次に読みたい「習近平国家主席」の記事をもっと見る

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク